曇りのち雨の定休日は…

我が家の老犬は一日の三分の二以上を寝て暮らしています。ちょうど主人はその逆で、一日の三分の一近くを寝て暮らしているから、現役で仕事をしていた時代に比べれば、やはり老人となったなのだろう。今朝も散歩から帰って朝食を食べたら、もう亭主の椅子の上で鼾をかいて寝込んでいる様子。睡眠は健康の要だから、愛犬の眠りを妨げないようにと、向かいの椅子に腰を下ろして今朝はお茶を飲む。まだ週末の忙しさの疲れが取れていないのを感じる。

頭がクラクラといているようで、眠り足りないような状態だったけれど、いつもの時間に家を出て、お袋様と仕入に出かける。隣町のスーパーは開店時間直後で珍しく空いていて、今日は陳列棚に一杯、新鮮な野菜が並んでいるのでした。一本100円の大きな大根を3本も買い込んで、近ごろお客の評判も好いなた漬けを少し多めに作っておくつもり。普段は半分しか買わない白菜も、今日は一つ分買い込んで、白菜の漬け物も大きな樽で塩漬けにする予定です。

買い込んだ野菜を冷蔵庫に収納する前に、午前中の段取りを考えながらコーヒーを入れていたら、近くに住むスタッフが、昨日、天麩羅や残り物を持って帰った容器を返しに来てくれた。カウンターの上には昨日の洗い物が出たままだったから、「少し手伝いますよ」と言ってくれたので、彼女にもコーヒーを入れてやる。野菜類の収納を終えたら、生椎茸も好いものが手に入ったから、早速パックから取り出してストレスを開放する。後は漬け物の仕込みをするだけ。

大根や白菜の漬け物も、野菜が新しいうちに漬け込むと、水もすぐに上がって美味しく出来るので、漬け直すのが今から楽しみなのでした。昨夜、売り上げのデータを見直してみたら、先週は、週に三度も雪の降った、先々週の倍のお客が来たと判ったのです。お客が多い週は、小鉢の準備に追われるから、例年、この時期は漬けものが重宝なのです。白菜も以前は丸ごと一つ漬けていたのが、寒くなって客足が落ちて残ることが多かったから、半分にしていた。

それにしても、常連さんの数が多くなって来たのは嬉しいけれど、週末に集中して、しかも数に限りがあると知っているから、皆さん開店と同時にどっといらっしゃる。土日は夜の営業があるから、蕎麦は多めに打っているのですが、この日曜日などはそれでも蕎麦が足りなくなった。最後のお二人はカレーうどんと鍋焼きうどんで勘弁していただいたのでした。これから暖かくなる時期には、例年、お客がぐっと増えるから、どんな工夫をしたら好いやら。頭が痛いのです。

霊犀亭の小さな厨房で、一度に作る料理の数には限界があるし、配膳や会計をするスタッフのスピードアップもあまり期待できないから、何か手立てを考えておかないと…。そもそも店の席数が少ないので、この間のようにいち時に10人もいらっしゃると、もう満席状態だから、「ただ今満席」の看板を出して、外で待っていただくしかないのです。「洗い物ぐらいなら手伝ってあげるよ」と、今日もお袋様が言ってくれた。すべてが思い通りにはならないと、つくづく思う…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 日常. Bookmark the permalink.