穏やかな冬の日…

今日も寒い朝でしたが、風のないのが何よりで、pekoの散歩に出掛けて帰ったら、台所で蕎麦を茹でて一人食べる亭主。どうやら女将は寝坊をしたらしく、昨夜のすき焼きの残りで朝食を済ましているのでした。少しぐらい遅く起きても、誰にも影響が出ないのが、隠居暮らしの好いところです。南蛮屋から新しく届いたコーヒーの袋を開けて、亭主は一人でコーヒーを入れ、女将はヨーグルトに干しぶどうを浸して、それぞれがいつもの朝のひとときを過ごすのでした。

外気は冷たかったけれど、好く晴れて風がないので堪えられる寒さ。蕎麦屋に着いてみると、昨日普請が始まったばかりの前の家が、もう二階の屋根まで輪郭が出来上がっているではありませんか。南側に面した奥座敷は、いつもよりも暗かった。幸いにも屋根に傾斜が付いているので、僅かばかりの屋根と屋根との隙間から青空が見えて、その間から陽が差し込んでくる。亭主の使っている六畳の座敷には、お隣の庭と青空が望めるから、朝のうちは陽が差す。

朝日を浴びて蕎麦打ちが出来て、店からは夕日に染まる畑や森を眺められるだけでも、幸せと言うべきなのでしょう。蕎麦屋の厨房は5℃と、やはりかなり冷えた朝なのでしたが、まずは、火を使って厨房を暖めようと、8㍑分の返しの材料を用意して、火に掛けるのでした。その間に、樽に漬けた白菜を漬けもの器に漬け直して、昆布や柚子や唐辛子を入れる。次に大根のなた漬けを仕込んだら、後は明日の天麩羅の具材を切り分ければ、ほぼ仕込みは終了です。

鍋やボールを洗って、まな板を消毒したら、最後に蕎麦豆腐を仕込む。いくつか昨日の仕入れで買い残した野菜類は、午後のプールの帰りにでも買ってくるしかない。女将がスポーツクラブから戻る前に、銀行に行ってスタッフに支払う給料を用意しておかなければならない。人件費は月の売り上げの約三分の一以内に収まってくれるから、取りあえずは健全な収支ではあるのだけれど、やはり、食材の仕入れ費用を三分の一に収めるのはなかなか難しいのです。

光熱費は毎月変わらずに5万円ほどだから、消耗品代を含めても、一日平均10人ほどのお客があれば、とんとんの経営になるはずなのです。ところが、食材費の割合が大きいからか、店が混んでお客がそれ以上に増えると、赤字の額は増えていく。それもある限度を超えられたら黒字。蕎麦粉や天麩羅油、海老や鴨肉などの値の張る食材が足を引っ張っているのか。お客が少な過ぎても、仕入れる基本的な食材の量は決まっているから、やはり赤字になるのです。

過去五年間の経営の経験で、徐々に赤字は改善しているとは言いながら、まだ平均するとお客がそう多くはないのでしょう。平日に極端にお客の少ない日があると、週末に混んでも相殺されてしまうのです。極端にお客の少ない日も、目一杯混んだ日も、どちらもかなり消耗するから、身体には余り好くないと思ってしまう。ここが、隠居仕事の辛いところで、もう少し体力や欲があれば、もっと頑張るのだろうか。そんなことを考えながら、最後の洗い物を終わらせる。

帰りにもう一度、蕎麦屋の前の新築工事を眺めて、最近の新しい家は、どうしてこうも凹凸がないのかと不思議に思った。平屋の蕎麦屋に面した北側の壁には、二階まで窓さえないのです。帰りがけに駅前の銀行まで行って違う道で家に戻れば、昔、駅までの近道と通っていた細道を大きな道路が横切っている。信号さえないから、通りづらくなった。便利になった新しい街の景色に、何かなかなか馴染めないのも、古い時代の人間になった証拠なのかも知れない。

昼は最後の蕎麦を茹でて、野菜サラダの残りを肉と炒めて肉野菜蕎麦を作った。ちょうど女将も帰ってきて、二人でテレビのニュースを見ながら熱々の蕎麦を啜る。一休みしたら、ちょうどプールのプログラムが途切れる時間になるから、急いで支度をする。空いているかと思ったら速く泳ぐゴースは泳げる小母様達で一杯だったから、隣のゆっくり泳ぐコースでのんびりとアップをして、今日の予定は夕刻の防犯パトロールに参加するだけ。穏やかな冬の一日でした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 日常, 経営. Bookmark the permalink.