朝から冷たい曇り空…

昨夜は疲れていたはずなのになかなか寝付けなかったから、目を覚ませばもう7時近くなのでした。顔の前でpekoが朝ご飯の催促をするから、起き出して食堂で餌をやる亭主。女将はとっくに活動を開始して、洗濯機を回して朝食の用意をしているのでした。居間の室温が8℃だったから、「今朝は寒いんじゃないの」と言えば、「昼からは暖かくなるそうよ」と言うのだけれど、上着を着てpekoの散歩に公園まで行けば、やはり雪の降りそうな冷たい曇り空なのでした。

食後のコーヒーを飲みに早めに蕎麦屋へ出掛けていく亭主。コーヒーメーカーの豆が挽き上がる前に、幟を出してチェーンポールを降ろしてくる。店の中の温度は6℃、蕎麦打ち室は4℃だったから、昨日よりもだいぶ寒い朝なのです。定休日前の月曜日だから、どれだけ蕎麦を打とうかと悩んだけれど、昼からは風も強くなるという予報だったから、500gだけ打って、昨日の夕刻に二回目の追い打ちを掛けた蕎麦と合わせて、12食だけ用意することにしたのです。

かなり乾燥しているから、加水率を思い切って47%強にしたら、しっとりとした生地が仕上がって、包丁切りもスムーズ。切りべら29本で130gの細い蕎麦が打てました。量が少ないからか、途中で集中力も途切れずに、切りむらがなかったのが嬉しかったのです。6人分弱だから、わずか20分ほどで終わるので、昨日のように早めに売り切れになったときも、慌てなければ追い打ちを掛けられるのだと、肝に銘じた。昨日は、加水が足りなかったから上手く打てなかった。

葱きりを済ませて、いつものように野菜サラダの具材を刻み、白菜のお新香を小鉢に盛り付けている間に、スタッフは大根のなた漬けを盛っていた。エアコンの設定温度を30℃にして、風量を最大にしているのに、店の中がなかなか暖まらない。外気がそれ以上に冷たいという証拠なのでした。二つの大釜も蓋を取って沸騰させているけれど、厨房も暖かくならずに足元は寒いままなのです。こんな日に蕎麦を食べに出ようという客がいるはずもないと思うのでした。

金柑大福を包んだら、開店時刻までまだ間があったので、冷蔵庫に残っていた4日目の蕎麦を茹でてスタッフとぶっかけ蕎麦を食べておく。いつもなら、陽射しが出るから少し暖かくなる時分なのに、今日は冷気が辺り一面を包み込んでいるという感じなのです。果たして、暖簾を出してもいっこうにお客は来ない。月曜日は翌日が休みだから、新しい仕込みをする訳にもいかないし、返しを作ろうと大鍋を火に掛けるにも、お客が来たら火口がなくなるから出来ない。

結局、奥の座敷でストレッチを始める亭主。1時前になって、「お願いしま~す」とスタッフに呼ばれて、お客が来たのを知るのでした。店に出れば、常連の女性客がいつもの天せいろのご注文で、「いらっしゃいませ。今日は寒いですね」と挨拶をする。天麩羅の油も温度が下がってしまっているから、暖まるまで野菜サラダでもどうぞとサービスでお出しする。「いつも済みませんね」とおっしゃるので、「今日はお客が来ないから、残っても仕方がないんですよ」と応える。

そう言えば、仕事の関係か、人のいない午後によくいらっしゃる方なのです。駐車場にまた一台車が入って、若い男性客がいらっしてカウンターに座る。しばらく考えているから、「ご飯のセット物が好いですか」と尋ねれば、「鴨肉を食べたいのです」と、意外な答えが返ってきた。「鴨南蛮か鴨せいろですね」と言えば、「じゃあ、鴨せいろをお願いします」と、やっと注文が決まる。「ちょっとお時間をいただきますよ」と、鴨肉を解凍する間に、葱を焼いて汁を温める。

先週の月曜日と同じく、今日もお客はこの二人きりなのでした。10人を超える月曜日もあるから、曜日が悪いのではなく、やはり天候との関係なのだろうか。蕎麦屋の下の新築工事現場では、冷たい風の吹く中を、いよいよ足場組が始まるらしかった。広い家だから平屋なら好いのだけれどなあと、儚い望みを抱く亭主。ラストオーダーの時間に暖簾を下ろして片付けをしてたら、女将が冷蔵庫の残り物を取りに来てくれた。早く帰ってプールで泳ぐのが楽しみな午後。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.