冷たい風の音が響く一日…

夕べは深夜までアジアカップのサッカー中継を観てしまったので、今朝は眠かったのです。寝ぼけ眼でpekoの散歩に出掛ければ、久々に肌を刺すような寒風で、北風だと直ぐに判るのでした。毛皮に身を包んだ犬もこの寒さにめげたのか、公園まで行ったらもう家に向かって歩き出す始末で、朝食を終えても、pekoを膝に乗せたまままた一緒に居眠りをする亭主。強い風の音で目を覚ませば、朝ドラの時間もとうに過ぎて、もう仕入れに出掛ける時間なのでした。

お袋様を車に乗せて隣町のスーパーに仕入れに出掛ければ、いろいろな食材がなくなっているから、今朝は手押しのカートの上下に置いた籠が一杯になる。夕べ印刷しておいた買い物リストを一つ一つ赤ペンでチェックしながら、30種類もの食材を入れていくのですが、アスパラと三つ葉とピーマンは、新鮮なものがまだ棚に並んでいなかった。店員さんたちも急いで品物を並べているのですが、いつも朝からお客の多い店だから、準備が間に合わないらしいのです。

お袋様と団地の外れの農産物直売所に行ってみると、こちらも農家がまだ野菜を持って来ていない時間で、空振りなのでした。明日もう一度店を回って買いそろえるしかない。それでもなければ、駅前の大型店で高くても品の良いものを買うしかないのです。午前中は沢山の野菜類を冷蔵庫に収納したら、大根と白菜を塩漬けにして、お新香となた漬けの準備をしたらもう昼の時間なのでした。昨日残った蕎麦を茹でて、亭主が肉蕎麦をこしらえて女将と食べる。

外は冷たい風が吹いているから、エアコンを入れた家の中もこころなしか寒くて、足元の石油ストーブをつけて、食後の一休み。歳を取って我が儘になってきたpekoも、冷たい足を亭主の膝に乗せて、威張った恰好で暖まっている。昼からは書斎の窓辺が暖かいから、重たいpekoを出窓まで運んで寝せたまま、パソコンに向かいながら今日の仕入れのデータを入力するのです。ウトウトしていると庭に出たいと騒ぐから、しばらく付き合ってやると気が済むのでした。

今日は女将のお稽古が休みだから、彼女はとっくにスポーツクラブに出掛けている。テレビの映画チャンネルで見たことのない映画を見終えたら、何時の間にか午後も遅い時間になってしまって、亭主もひと月振りに床屋に出掛けなければと、例によって親爺様と四方山話に花が咲く。今日の話題は、50年以上も昔の話。「歳を取ると残る未来が少ないから、昔のことばかり思い出すんだよね」と言えば、「それが好い思い出なんだよ」と笑って応えるから頭が下がる。

夕食は昨日プールの帰りに亭主が買って来た和牛の肉ですき焼きにしようと女将と話していたので、床屋から戻ると女将は台所ですき焼きの具材を刻んでいた。鮨とすき焼きは、女性の好物と昔から相場は決まっているから、忙しかった日曜日のお礼のつもりだったのだけれど、甘い物が好きではないからと亭主に遠慮していたのだそうな。細々とした年金暮らしの夫婦にとっては、この二日間、珍しく奮発した夕食が続いた。亭主は酒の肴があれば好いだけで…。

風呂に入るまでの隙間の時間に、亭主は昼間サボった分の仕込みに蕎麦屋まで出掛けていく。出汁を取る準備をしておいたから、一番出汁と二番出汁をそれぞれ5㍑ずつ取って、1時間がかかる。寒い時期は、温かい蕎麦汁もかなり出るから、途中で作り足すのも大変なのです。冷たい蕎麦汁も作って直ぐでは味がこなれていないから、週末に向けて今夜辺りが作り時なのかも知れない。ボサノバの曲を流しながら、厨房で一人出汁を取る姿は人に見せたくない。

昼間、床屋の親爺様が40年近く前の開店の頃は、朝から20人もの客が並んで、それで1日が終わったこともあると言っていた。床屋も1日でお客の頭を刈れる人数には限りがあるそうな。小さな蕎麦屋で言えば、昼時だけだから、先日の20人越えがちょうどそれくらいなのだろうか。去年に比べたら、今年はやはり随分とお客が増えているから、少しずつ知られてきたのは嬉しいけれど、毎月が黒字になるようになったら、改めて考えようと思うのです。気の長い話です。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常. Bookmark the permalink.