俄(にわか)雪の朝…

蕎麦屋に出掛けようと家の玄関を出たら、もう小雨がぱらついて来たのです。雪雲のような空だったから、これはもしかしてと思っているうちに、霙(みぞれ)交じりの雨になり、蕎麦屋の前の通りに出た頃には、白い雪に変わったのでした。初雪…。幟を出しているうちにどんどんと舞い始めて、見る間に前の畑が白くなっていく。これではまた今日もお客が見込めないだろうと思いながら、大釜に火を入れて暖房を入れ、朝の仕込みの前にコーヒーの豆を挽くのです。

蕎麦打ち室の温度は7℃。湿度は珍しく45%。店内が暖まるまで待てなかったから、今朝はいつもの蕎麦粉で蕎麦を打つ。業者が持ってきた昨日の蕎麦粉は、地伸しの段階でもう縁がひび割れてしまったから、やはりよほど乾燥していたのだろう。いつもの蕎麦粉は加水率46%でしっとりと丸く伸し広がったから、やはり打ちやすいのです。粉のきめが細かいというのか、丸出しも四つ出しも綺麗に終えて、八つに畳んで包丁切りをするまで、本当に好い粉だと実感。

切りべら27本で130g。いつもの感触が戻ってほっとしたのでした。この天気だから、夜まで入れてもそんなにお客が来るとは思えなかったから、今日は14食の蕎麦を用意して、営業前の仕込みにかかる。週末だから、野菜サラダは四皿用意して、キャベツや人参の千切りに集中。女将が早お昼に家に戻っている間に、すべて仕込みを終えたら、昨日の蕎麦をぶっかけにして食べておく。残り汁に蕎麦湯を注いで飲めばこれが美味しい。身体も温まるし、腹も膨れる。

朝の雪は直ぐに止んで、日中は日陽も差してきたのです。風は相変わらず強かったから、どうだろうかと思ったけれど、昼前から、お客が続いて、皆さんご新規のお客様。やはり、平日とは混み具合が違う。ほんの一時なのだけれど、次々と注文が入るから、当然、洗い物をする暇もない。温かい蕎麦も出るので、用意した蕎麦汁がすぐになくなって作り足す始末なのでした。天麩羅の具材も切り足して、次のお客の注文に備える。デザートも野菜サラダもよく売れた。

午後の一時を過ぎた頃には、ぱたっとお客が途切れたから、亭主は出汁取りの準備をして、明日の仕込みにかかるのでした。夜の営業の前に出汁を取って、蕎麦豆腐を仕込もうと、洗い物を片付けながら、次の算段を考える。閉店15分前のラストオーダーの時間になったら、暖簾と幟を取り込んで、今日は早めに女将と帰路に就く。帰りは陽射しが暖かだったから、上着も着ないでセーター姿で家まで帰り、パソコンにデータ入力をしたら、横になって少し眠った。

1時間あまり眠れたのだろうか、頭もすっきりして、気力も沸いてくる。寒い日の夜の営業は、どうもやる気が出ないので困るのです。かといって、土日は夕刻も営業すると謳っているから、店を開けないわけにもいかない。もう少し若ければ、もっと宣伝をして、どんどん夜も営業に励むのだろうか。でも、若ければ、まだ前の仕事に専念しているはずだから、人生はなかなか思うようにはいかないものです。隠居仕事の分をわきまえて、欲を出さずに黙々とこなすだけ…。

夕刻の空も何か異様な趣なのでした。明日も雪になるかも知れない。出汁を取り終えて、蕎麦汁を作って、蕎麦豆腐を仕込んだら、もう6時近くなのでした。今宵の大相撲はどうなったのだろうかと気にかかるけれど、店にはテレビを置いていないので、帰ったら女将に聞くしかない。6時過ぎにいきなり厳寒の扉が開いて、常連のお客がいらっしゃる。珍しくカウンターに座るから、「奥様は?」と尋ねれば、「まだオーストラリアにいるんですよ」と、お土産を戴くのでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.