晴れのち曇りの寒い一日…

今日も寒い朝でしたが、夕べも夜の10時には眠ったので目覚めはすっきりなのでした。昨日の夕食は女将が最近覚えたというレシピで作ったキノコ鍋だけだっから、明け方に何か一生懸命食べている夢を見て、空腹で目が覚めたのです。6時前に居間に入れば、こちらも空腹で目覚めたpekoが朝食のおねだり。食べ終えたら、まだ薄暗かったけれど、蕎麦屋まで一緒に散歩に出掛けたのでした。昨日の洗い物の片付けをしたら、店の暖房のスイッチを入れておく。

家に戻って朝食の食卓に付けば、昨日のキノコ鍋の残り滓にご飯を入れたお粥だったから、身体が暖まるのは好いのだけれど、お椀に二杯食べただけでもう満腹。食後に林檎を剥いてくれたから、半分ずつ二人で食べる。女将は更にカップ一杯のヨーグルトを食べるから、考えたら亭主よりも沢山食べることになるのです。亭主はお湯を沸かしてコーヒーを入れてもらうだけで、もう蕎麦屋に出掛ける時間なのでした。雲が多いけれど今朝の青空は昼まで持つか。

昨日の蕎麦が生舟に一箱残っていたから、風の強い今朝はもう蕎麦を打たなくても好いくらいなのでした。しかし、昨日出入りの業者が、サンプルとして持って来た栃木県産の挽きぐるみの蕎麦粉があったから、試しに打ってみようと思ったのが大失敗。いつもと同じように46%の加水で水回しを終えても、ぱさついてまだ水が足りない様子なのです。何度捏ねても玉にならないから、加水を繰り返して捏ねるのだけれど、粉が古いか乾燥し過ぎているかのどちらか。

やっと8人分を打ち終えたけれど、いつもの倍の時間がかかった。これでは使い物にならないと、試しに開店前に茹でてぶっかけにしてスタッフと食べてみたのです。「コシがあって美味しい」とスタッフが言うから、「なかなか繋がらないから強力粉を入れたんだよ」と亭主。二八の手打ちでは、到底、自分には手に負えない代物なのでした。少し太めに仕上がったし、温かい汁の蕎麦にはいいのかも知れないと思うのでした。と、寒いのに開店前からお客がいらっした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.