強い北風の吹く寒い一日…

ずっと雨が降っていないからか、空気が乾いて霜柱こそ立っていなかったけれど、今朝も畑も真っ白に霜が降りていました。北西の風が冷たく強く、今日の営業が思いやられるのでした。東の空にかかっていた雲も、この風に押し流されて青空の広がる気配だから、また日中は陽射しだけ強くて寒い一日なのだと、天気予報を見るまでもなく、亭主は今日一日を思いやる。pekoの散歩の前に、6時過ぎに蕎麦屋の暖房を入れに出掛けて、米を研ぎ炊飯器にかける。

昨夜は風呂を出てブログも途中で9時には眠ってしまったから、今朝は頗る調子が好かったのです。寝酒も飲まずに済むし、眠たいときに寝るのが一番なのかも知れないと、ちょっと毎日の生活のパターンを顧みる。朝の5時にはすっきりと目が覚めて、ブログの続きを書き足しながら、パソコンを点けたままで蕎麦屋へ出掛けて、朝食を終えたら居間で休まずに、書斎でまたブログの続きを書き足すのでした。食事と風呂と睡眠を重視したほうが健康に好いのかも。

朝に入れたエアコンで暖まっている蕎麦屋に着いたら、まず蕎麦打ちを始めて、蕎麦玉を寝かせている間に、葱切りを済ませ、天麩羅の具材に買い込んだ菜の花を洗って笊に上げておく。水を張った二つの大釜に火を入れて、また蕎麦打ち室に戻って、蕎麦打ちの続きを開始すれば、今朝は室温は15℃に上がっていたのだけれど、湿度計がLOWと、低すぎて表示されない状態なのでした。加水を46%強にしてじっくりと捏ねたから、今朝もいい仕上がりなのでした。

今日用意したの小鉢の最初は、久し振りに高野豆腐とニンジンと椎茸の煮物。高野豆腐は別に煮込んで、ニンジンと椎茸も煮込んで別に保存してあったから、高野豆腐に香りは移らずに美味しさが保てるはずだと考えたのですが、果たして、最初にいらっしたお客さんが、家で食べる高野豆腐とは美味しさが違うと褒めてくださった。もちろん、蕎麦屋の出汁で煮るから、出汁パックで煮るような家庭のものとは違って当たり前。綠の絹さやがあればもっと綺麗だった。

しかし、まだこの時期は絹さやも高いから、小鉢にかける値段はこれが限度なのです。もう一鉢は、カボチャの従姉妹煮で、南瓜も大豆も時間を掛けて弱火で煮込むから、それぞれふっくらと煮崩れしていない。まあ、ここまで気づくお客もなかなかいないだろうけれど、常に一番好い状態でお客様に出せるのが幸せというもの。冷たい北風の吹く日だったから、来ようと思って蕎麦に向かうお客しか当てに出来ない。果たして、最初のお客は習志野からのご贔屓さん。

蕎麦と天麩羅が美味しいといつものご注文だったけれど、話を聞けば、なかなか近くに美味しいお店がないのだと言うのです。家の近くに支店でも出して欲しいと笑っていうものだから、それではまた赤字の店が増えるばかりと笑って応える亭主なのでした。平日は三皿と決めている野菜サラダも、今日はニンジンの色が好かった。昼前に新鮮な野菜ばかりで作るサラダだから、食べてもらえるのだけで嬉しい。ブロッコリーもアスパラも作る時に茹でているのです。

さすがにこの冷たい風の吹く日にはお客は少なく、1時過ぎにいらっしたお客は、やはり遠くの街からわざわざ霊犀亭を目指してきたとおっしゃるのでした。ところが外は寒いものだから、温かい蕎麦の肉蕎麦と、熱々の鍋焼きうどんのご注文だったから、一体、どんな人なのだろうと思えば、ビールを注文して、出汁巻き卵や辛味大根まで頼まれる。美味しい美味しいと食べたら、「デザートの金柑大福を持ち帰れますか」と言うから、喜んで最後の二皿を包むのでした。

お客は少なかったけれど、この寒い風の吹く中を来て好かったと帰られたのが一番好かった。ラストオーダーの時間になって、暖簾を下ろしたらスタッフとぶっかけ蕎麦を賄い飯で食べる。菜の花の天麩羅を揚げてみたら、癖がなくてとても美味しかったので、値段は高かったけれど好かったと思えたのです。家に帰ってパソコンに今日の売り上げのデータを入れたら、蕎麦屋で業者の持ってくる荷物を受け取り、夕刻には今日もプールでひと泳ぎする亭主なのでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.