寒い朝と暖かな陽射しと…

今日は定休日だからと、夕べは少し夜更かしをしたら、朝から女将が「今朝はとても寒いわよ。-3℃なんだから」と騒いでいたけれど、目覚めたばかりでpekoの散歩に出掛ければ、耐えられない程の寒さではなかったのです。朝の陽射しが暖かかったからなのでしょう。確かに公園の芝生に真っ白に霜が降りていましたが、風もなく、青空にまばゆいばかりの太陽が出ていれば、暖かくなるのが最近の天気なので、いつもの時間にお袋様を車に乗せて仕入れに出る。

先日、亡くなった叔母の葬儀に駆けつけた従兄の話や、叔父から香典のお礼の電話があった話、今年古希を迎えるはずの札幌の従兄が脳梗塞で入院していた話などを聞いて、皆、元気でいてくれれば好いと思うばかりなのでした。昼前に女将をお稽古に送るまでに、午前中の仕込みを済ませておかなければと、蕎麦屋に仕入れた荷物を持ち帰って、厨房に入ったら次々と作業をこなす亭主。新鮮な野菜や生椎茸が安くてに入ったのが、今日の一番の収穫でした。

取りあえず、おおかたの野菜を冷蔵庫に収納したら、生椎茸はパックから出してストレスを開放してやるのです。これはビニール袋に入れて口を開けたまま冷蔵庫に入れておくのが、一番長持ちするような気がする。パイナップルも葉を落として、野菜籠に入らないから、そのまま冷蔵庫。調理場が片付いたら、白菜を切って塩をして樽に漬け込むのです。大根は、中程の甘い部分を切りわけて、なた漬けの準備で、やはり塩をして漬けもの器で押し漬けにしておく。

これでもう11時前だったから、早めに家に戻って昼食の準備をするのでした。昨日の蕎麦の残りは夕べ夜食で肉蕎麦にして食べて、今朝もせいろ蕎麦で食べたけれど、まだ、二束残っていたから、親子丼の具材も残っていたので、掻き揚げ用の野菜を入れて煮込み、溶き卵を落として、豪華な卵さじ蕎麦を作る。蕎麦屋の残り物の処理がどんどん進むから、一緒に食べる女将もまんざらではない様子なのでした。三食蕎麦を食べ続けた亭主も、これなら飽きない。

女将をお師匠さんの稽古場まで送った帰りは何処にも寄らずに、蕎麦屋に戻ってひたすら仕込みに専念する亭主。カレーや親子丼の具材が底をついたから、この定休日に仕込んでおかなければならないのです。おまけに、金柑大福を作るのに白餡もなくなったので、昨日、スタッフに皮を剥いてもらった白豆を煮込みながら、カレーの具材を刻んでいく。鍋二つを火に掛けたら、反対側のレンジで、今度はカボチャの従姉妹煮と親子丼の具材を煮込んでいくのです。

四つの火口をフル稼働。一つ一つ味見をしながら、カレー粉や調味料を加えて火の加減をする。南瓜は弱火でじっくり煮なければならないし、カレーの具材は煮詰めすぎる前にルーを入れて火を止めなければ、余熱で具材が溶けてしまうのです。カレーは具材の形を残したまま、袋に詰めて冷凍しておくのがポイント。南瓜は煮崩れてしまうと小鉢で出すには恥ずかしい。その間中、ずっと白豆は煮込んでいたから、かなり柔らかくなって漉すのにちょうど好い具合。

豆が少しでも硬いと宮島で漉すのにえらく力が要るのです。柔らかければ、すーっと濾し網を通っていくからものの五分で完了。これに氷糖蜜を同量分加えて、弱火で気長に煮詰めていく。火が強いと鍋の底が焦げて、白餡が茶色くなってしまうから、ひたすら時間を掛けて煮詰めていくしかない。お玉で掬って塊がぽたりと垂れるくらいになったら、やっと火を止めて冷ます。ここまでの作業で二時間半。洗濯物を畳んだり、洗い物を片付けて、餡の冷めるのを待つ…。

昨日は金柑を煮て、今日は白餡を作って、肝心の白玉粉を朝の仕入れで買わなかったのを思い出す。蕎麦粉と合わせる小麦粉も仕入れてこなかったのに気づいたから、隣町のスーパーまで再び出掛けて行くのでした。空は何処までも青く、陽射しが強いから車の中は快適な暖かさ。蕎麦屋に戻って冷めた白餡を容器に詰めたら、そろそろ女将を迎えに行く時間なのです。夕刻の国道は混んでいたけれど、気分が変わって好いかと、もう、明日の仕込みを考える。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常. Bookmark the permalink.