晴れてきたら…

今日は女将がお師匠さんたちと銀座で展覧会を見て、社中の人たちとそのまま新年会に参加するというので、朝食もいつになく早かった。テレビのニュースで直通の浅草線が運転を見合わせているというので、亭主がパソコンで東西線乗り換えの時刻表を印刷してやるのでした。女将に遅れて家を出て蕎麦屋に向かう亭主は、雲の多い朝なのが少し気になったのだけれど、北風も吹くし、寒くなれば日曜日でもお客は少ないかも知れないと心配をするのでした。

それでも今朝も15食の蕎麦を用意して、野菜サラダの具材を刻み、小鉢にはなた漬けを用意する。デザートには白餡がなくなったので、今朝は久し振りに蕎麦饅頭を蒸かして開店を待ったのです。暖簾を出したら直ぐに、ご家族四人連れの常連さんがいらっして、天せいろを三つにヘルシーランチセットのご注文。天麩羅を揚げているうちに、もう次のお客の車が駐車場に入ってきて、鴨南蛮とカルビ丼とせいろ蕎麦のセットを頼まれたのはリピーターの母娘でした。

続けてまた三台目の車が入ってくるのが見えたから、これで満車だと思っていたら、更にもう一台が道路に車を停めて、「他に駐車場はないのですか」と奥様が玄関を開けて顔を出す。「ここだけなんですよ」と応えれば、そのまま帰って行かれた。まだ12時前だったから、早い出だしなのです。何か昨日と同じパターンで混んでくる雰囲気だったので、今日もまた午後に追い打ちを掛けなければいけないのかと、この時点でもう覚悟を決めた亭主。鴨南蛮が売れる。

ヘルシーランチセットも出るから、野菜サラダはあっという間になくなっていたのです。四人連れの家族が昼過ぎに帰られた後に、先ほど車を停められなかったご夫婦が、またいらっしてテーブルに座る。ほんの一時待てば前のお客の車が出るのだけれど、我慢の出来ないお客もいるから、世の中は難しい。蕎麦饅頭を食べ終えた奥さんが、「金柑大福を持ち帰れないかしら」とおっしゃるので、「日替わりだから一日一つしか作れないのですよ」と応える亭主でした。

1時前には前半のお客が帰られて、皿を洗う暇があったのが幸いでしたが、休日だから朝の遅い人たちもいるらしく、それからがまたしばらくお客が続くのでした。「早い時間は混んでいると思ったんですよ」とおっしゃるリピーターさんもいて、何とか蕎麦が残っていたから好かったものの、一歩間違えは売り切れになるから怖いところなのです。最後のお客が帰って、今日はラストオーダーの時間に暖簾をしまって、女将の代わりに来てくれたスタッフと遅い昼を食べる。

昼の間によく晴れ渡って風もなくなったから、今日も随分とお客が入ったのでした。家に戻って一休みしなければ、到底、夜の準備は出来ない。天麩羅の具材も切れて明日の仕込みが出来ない状態だったのです。今日は女将がいないから、寝込んでしまったら大変だと思いながら横になってひと眠り。女将からの電話が入って目を覚ましたから、帰りがけに生椎茸を買ってきてと頼んでおいたのです。店に戻って明日の仕込みを終えたころ、東の空には大きな月が。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 星・月, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.