今年の始動を開始する日…

月と金星とが大接近した朝。幸いにも早く起きて、昨夜のうちに仕上げた年賀状を投函しに出掛けて行ったのです。南東の空に今年最初の天体ショーと言われる新月前のかけらのような月と明るく輝く金星とを見つけたのでした。さすがに朝は早かったから、中央通りも車はほとんどいなかった。30枚あまりの年賀状を無事ポストに入れる亭主。今年の住所録には400人以上のデータが入っているけれど、年末のうちに出した70枚と合わせて100枚。まだまだ多い。

家に戻ってpekoの散歩に出れば、玄関先のバラの花がまた咲き始めていました。こんな寒いのに花が開くものなのかと感心して写真に撮っておく。公園の芝生にも真っ白に霜が降りて、老犬は用をたしたらもう家に戻りたがるので、この寒さでは仕方がないかと来た道を帰るのでした。いつもは閑散としている近所の坂道にも、それぞれの実家に正月で帰省している子どもたちらしく真新しい車が停められているのでした。我が家は昼に蕎麦屋に全員集合なのです。

再び家に戻れば、娘の急な用事で女将が買い物に出るというので、また車を出して24時間営業の雑貨店に出掛ける。駐車場で待っている間に朝日が昇ってきた。蕎麦屋で見る日の出とは違って、団地の家々の屋根の間から晴れた空に光が放たれるのでした。女将を家で降ろしたら、そのまま蕎麦屋へ行って出汁取りの準備をすませ、店の暖房を入れ、テーブルを縦に並べて昼の宴会の準備をしておく。それからやっと朝食にありつくのでした。今朝もお雑煮。

蕎麦屋の回りの畑には、びっしりと霜が降りて、昨日よりも寒い朝なのでした。車の外気温は2℃。先ほどの団地の家々の間から昇る太陽とは違って、こちらは畑の端にある森の影からの日の出。1㎞ちょっとしか離れていないのに、随分と雰囲気が違うのです。次第に日の光が畑一面に降り注いで、今日一日の始まりを告げる。朝食を終えてコーヒーを一杯飲んだら、いよいよ昼の食材を仕入れに中学生になった孫と二人で、隣町のスーパーに出掛ける亭主です。

蕎麦屋の仕入れもあるから大変な量で、孫の手がなかったら到底一人では持ちきれない量なのでした。家では女将が蕎麦屋に持っていくお節や他の料理を袋に詰めて待っている。上の娘夫婦がもう到着するというので、久しぶりに会う旦那と顔を合わせて、新年の挨拶を済ませたら、今度は下の娘と孫を乗せ、車で一度に蕎麦屋に荷物を運んでしまうのでした。蕎麦屋の駐車場は車三台しか停められないので、亭主は自分の車をまた家のガレージに置きに来る。

お袋様にも電話をして、早めに来てもらって料理の盛りつけを手伝ってもらう。亭主はその間に新年の蕎麦屋の小鉢の仕込みをしておく。下の娘もプロの調理人だから、15人分の料理も手際よくテーブルに並べられていく。息子の家族はこの寒いのに、千葉でキャンプをした帰りに蕎麦屋へ来るというので、取りあえずは集まった家族だけで新年の乾杯です。始めて会った6人目の孫を抱いて、亭主も久々にえびす顔。お袋様にしてみれば6人の曾孫だから嬉しい。

代わる代わる皆に抱かれても、顔色一つ変えない今年一歳の孫は、皆の人気者なのでした。普段、二人きりの生活に慣れてしまっている霊犀亭の亭主と女将も、さすがに孤独な老夫婦の生活から解き放たれて、久々に皆と会話を交わすのです。遅れて来た息子一家も加わって、貸し切りの蕎麦屋は賑やかそのもの。皆、遠くからよくぞ集まってくれたものです。それぞれの親御さんは元気で暮らしているか、仕事は順調なのかと尋ねる亭主に、皆耳を傾ける。

やっと昼食のひとときが終わって、厨房は女性陣に任せて希望者にコーヒーモカマタリを入れる亭主。楽しかった昼の宴も別れの時が近づいて、ひと家族ずつ車に乗り込んで家路につくのでした。蕎麦屋で取ったばかりの出汁で作った雑煮が、やけに売れたと女将が嬉しそうに話していたっけ。15人分の食事の後片付けも大変だったろうに、女将もあまり食べる暇がなかったから、家に戻って早めに夕食にする夫婦。無事に着いたと子どもたちからの電話が入る夜。

This entry was posted in 日常, 星・月. Bookmark the permalink.