今年最後の一日も無事に終わって…

空気は真冬の冷たさだけれど今朝も晴天でした。昨夜は夜の10時前まで蕎麦屋で仕込みをしていたから、風呂に入ってブログを書いて、床に入ったのが真夜中の2時だったけれど、今年最後の一日だからと、頑張って8時半には蕎麦屋へ出掛ける亭主なのでした。pekoの朝の散歩は近くの公園までしか行かなかったので、蕎麦屋の店内は6℃という寒さで、蕎麦打ち室は5℃と更に冷たいのです。暖房のスイッチを入れ、大釜を火にかけてもすぐに動き出せない。

昨夜生舟二つ分の蕎麦を打ったのに、今朝もまた同じだけ蕎麦を打たなければならなかったので、ぐずぐずはしていられない。蕎麦打ち室が10℃にならないうちに、作業を開始して時計との睨めっこなのです。湿度は25%で昨日と同じでも、気温が低いから加水率はどうだろうかと考えたけれど、取りあえずは45%で捏ね始める。やはり硬めの生地で最初はかなりの力が要ったけれど、そのうちに水が馴染んできたのか、つるりと滑らかな蕎麦玉に仕上がった。

二玉でっち上げたら捏ね鉢を洗って、急いでいる今朝は時間をおかずに伸しに入る。切りべら27本で130gの蕎麦を次々と包丁切りして、生舟が一杯だからプラスティックのケースに布巾を敷いて並べていく。11時にはもう9人分の蕎麦と天麩羅4人分を、お持ち帰りで取りに来るお客がいるから、時間との勝負なのです。17人分の蕎麦を10時には打ち終えて、野菜サラダの具材を刻み始める。今日は女将とスタッフと二人の手伝いがあるから、亭主は調理に専念する。

サラダを盛り付ける前に、11時だというのにもう駐車場にはお客様の車が入る。予想通り、今日も混みそうな雰囲気なのでした。開店前に二組のお客が店の中で待っている状態だから、天麩羅を揚げて蕎麦を茹でながらサラダを盛り付け、とてもデザートの金柑大福を包むところまで行かないのに、金柑大福のご注文。店が混むだろうと早くいらっしてくださるのは嬉しいけれど、仕込みをしながら料理をするというのもまるでプロの蕎麦屋…。だから文句も言えない。

12時までに10人近くのお客が入って、息つく暇もなく天麩羅を揚げたり蕎麦を茹でたり。お持ち帰りの蕎麦を取りに来たお客の中には、昼も店で蕎麦を食べて行かれた蕎麦好きがいらっしゃる。久し振りに家の近所のご夫婦もいらっして、天麩羅にはキスとメゴチを追加でご注文。1時近くになってぱたっとお客が途絶えたから、これはチャンスとスタッフと賄い蕎麦をぶっかけで食べる。午後はまたお持ち帰りの年越し蕎麦と天麩羅を用意しなければならないのです。

閉店時刻を過ぎるまで、最後のご家族がいらっして、なた漬けはどうやって作るのかとか、和やかな午後の会話でゆっくりとなさる。2時を過ぎたところで、女将は家に帰って正月のお節の準備。調理の暇を見つけて亭主が大根と人参を刻んでなますを作ってやったのを「ありがとう」と言って持って帰った。午後のお持ち帰りの年越し蕎麦を取りに来るお客が、後一人というところで3時を回った。帰り支度をして4時近くになっても現れないから、電話を掛けたけれど不通。

やっといらっしたから「一時間も待ちました」と言えば、15時を夕刻の5時と間違えていたと言うから怒る気にもなれない。夕刻は近くに旦那の実家がある下の娘が、長男だけを連れて年越し蕎麦を食べに来る。一度に二つの家族と過ごす彼等の知恵なのでした。お袋様も呼んで、久し振りに皆で夕食。女将も楽しそうに会話が弾む。お袋様が厨房に入って揚げてくれた天麩羅はさすがに美味しかった。今年も大晦日まで蕎麦屋も本当に忙しかったから新年が愉しみ。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.