やはりお客が増えた年の瀬なのか…

さすがに大晦日を明日に控えて、蕎麦屋は朝から忙しいのでした。お持ち帰りの年越し蕎麦用の蕎麦汁を、20食分は用意しておかなければならないから、昨日準備しておいた出汁を取って蕎麦汁を仕込む。寒くなっているから、二番出汁も温かい蕎麦の汁用に毎日1.5㍑は作っておかなければならない。それでやっと蕎麦打ちに入れるのだけれど、蕎麦打ち室の温度は5℃だから、粉だけ濾し網で振るって、厨房で大釜の湯を沸かして一休みする亭主です。

このところ毎日、青空と太陽が清々しいと言いたいところだけれど、寒さは例年よりも厳しいと感じるのは歳のせいだろうか。去年のデータを見た限りでは、30日も大晦日も、そんなにお客は多くはないのです。寒い年末の忙しい時期に、わざわざ蕎麦屋に食べに来るお客もいないだろうと思う反面、常連さんたちの数が増えた今年は、もしかすると混むのではと心配する女将と亭主なのです。そこで大切なのは平常心だから、今日も生舟二箱を用意しようと考える。

やっと店内が少しは暖まってきたから、昨日の夕刻に追い打ちを掛けた蕎麦が、生舟に一箱残っていたので、今朝は750gの蕎麦を一回だけ打つ。蕎麦打ち室の湿度が25%だったので、今朝も加水率は45%でちょうど好い柔らかさ。切りべら27本で130gの束を8食弱打って、今日の蕎麦を17食分用意したのでした。蕎麦打ちを終えたところで、野菜サラダの具材を刻み、いつものようにデザートの金柑大福を包んで、今日は休日だからと、頑張って6個も作っておく。

その間に、もう駐車場にはお客さまがいらっして、開店前だけれども女将が出て店の中で待っていただく。暖簾をくぐって入ってきた子連れの背の高い女性を見れば、何処かで会った顔つきだったので遠い記憶が蘇る。わざわざ遠い町から霊犀亭を尋ねてくれたのは、10年以上も前の教え子なのでした。同窓生と店で落ち合う約束なのだと言うから、まだお客が増えそう。その間にも、残りのテーブルにも違うお客が入って、やっと暖簾を出す時間になったのです。

何時の間にか早い時間から駐車場は満杯で、開店10分後にはもう満席状態。下の娘の友人が北海道から帰省して蕎麦屋に食べに来るとは聞いていたのだけれど、当の本人夫婦が子連れで来店した時には、もうカウンターの隅しか空いていなかったのでした。女将がただ今満席の看板を出したその後でも、まだ店に入って来るお客がいるから驚いたのです。反対側の隅の二席が空いていたから、何とか座ってもらったのですが、最初のお客の料理を調理中。

一度に10人以上のお客がいらっして、女将が順番に蕎麦茶を出してオーダーを取るのだけれど、料理を出すのもこなさなければならないから、到底間に合わない。辛抱強く待って下さるお客に感謝。小さな子連れのお客が三組もあったから、店の中は相当に賑やかなのでした。一人でいらっした常連さんの男性も早々に帰られて、遠い市内から来て下さった常連さんの兄姉も、年越し蕎麦まで申し込まれたから有り難い。亭主も女将も休む暇もない忙しい午後です。

かと思えば、カウンターに座った娘の友だち夫婦のご両親までいらっして、いろいろな話をされるから、洗い物をしながら年に二回は訪れるという北海道の話に花が咲くのでした。札幌出身のご亭主が、長男だからと同じ札幌の両親を面倒を見るつもりだと言えば、家の息子にも聞かせたいと親爺様がおっしゃる。聞けば親爺様のご両親も食堂を経営していたとかで、亭主と女将のやりとりを見て昔を思い出したとか。忙しくも賑やかで和やかな店の雰囲気で好かった。

明日の大晦日は、持ち帰りの蕎麦の注文が20食もあったから、一度家に戻った亭主は、正月の買い物に駅前のスーパーまで女将と出かけてひと眠り。夕飯を済ませたらまた蕎麦屋に出掛けて、夜の9時過ぎまで蕎麦打ちと蕎麦汁の仕込みをするのでした。合間に煮込んでおいた栗金時の仕上がりもまずまずで、遅い時間に風呂に入りながら明日の段取りを考えるのです。年に一度だから何とかこなすけれど、やはり、お客の数が確実に増えている気がする。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.