寒風吹きすさぶ晴天の一日…

早朝のpekoの散歩にも手袋が必要な寒さでした。ジャージの上にオーバーズボンとジャンバーと何枚も重ね着をして家を出る亭主なのでした。雲のない青空が広がる気配なのでしたが、風が猛烈に冷たいのです。風のある日はお客が入らないのが経験値だから、今日はどうなることかと蕎麦屋に着いて、米を研いだり、蕎麦豆腐を仕込んだりと、朝飯前に一仕事を済ませておくのでした。寒い中を玄関前で亭主を待っていたpekoは意外と元気なので安心した。

自宅の大掃除もせずに蕎麦屋稼業に夢中になっていたら、いつのまにか女将が玄関に正月の花を飾ってくれました。昔、亭主の撮ったブルーホールの写真も彩りを添えている。久し振りに年末に下の娘が孫と帰ると言うので、寝室に使う部屋も掃除をしてくれたらしい。朝食後に女将の入れてくれたコーヒーを飲み終えたら、また寒風の中を蕎麦屋へ向かう亭主。昨夜も遅くまで仕入れに出掛けていたから、気持ち的に疲れているのか、寒いのが一番辛い朝でした。

朝の散歩の折に店の暖房を入れておいたから、厨房は15℃まで室温が上がっていたけれど、扉を閉めてあった蕎麦打ち室は7℃。10℃を越えるまで大釜に水を張って火に掛けたり、洗濯物を干したりしながら、いよいよ蕎麦打ちにかかるのです。この寒い風では、到底お客は見込めないだろうと、今朝は11食の蕎麦を用意して終わりにしようと考えたのです。切りべら29本で130gと、いつもよりは若干細めの仕上がり。蕎麦粉の量を変えると伸しが丁寧になる。

小鉢には、いよいよ聖護院蕪と胡瓜の明太子マヨネーズ和えを作って用意する。野菜サラダの具材を刻んで、果物はアボガトよりもやはり彩りも綺麗だからと、昨夜仕入れたパイナップルを切って添える。残ったアボガトは、明日にでもスモークサーモンを夾んだ一品料理を用意しておこうと考えている。最近は蕎麦屋で酒を飲む人も少なくなったから、景気づけに少しいろいろな一品料理を作ってみたいのです。出なければ、自分の酒の肴にするつもりでいるので。

開店前の仕込みの最後には、今日も金柑大福を包む。寒くなってきたから、そろそろ蕎麦饅頭を蒸かそうかと思っているのだけれど、お客が来そうな日でないと、蒸かしたての饅頭を提供できないから、ちょっと躊躇われるのでした。女将が友だちの家で採れたという金柑をもらったので、大きめのものを蕎麦屋でも使わせてもらったけれど、やはりいつも使っている金柑よりは小さいので、今回は丸ごと一つ分を白餡にくるんで提供している。求肥も少し多めになった。

こんな冷たい風の吹く日だというのに、昼前には年配のご夫婦がいらっしゃった。天せいろをご注文されてお出しした後で、金柑大福も頼まれたから、カウンターに並べておくと気になるらしいのです。続けて職人風の男性が二人いらっして、車ではないからとよく見れば、蕎麦屋の下の新築工事の現場で、このところ塀を作っている人たちなのでした。こちらは二人とも天せいろの大盛りのご注文。しばらくして女性が一人で歩いていらっして同じ席に座られたのです。

話を聞いたら、年配の職人さんとは新築工事の家に越してくるご夫婦なのだそうで、ご主人自身も工事に携わっているのだとか。「ちょくちょく来させてもらいます」と言ってご主人たちが仕事に戻った後も、奥様が残って蕎麦を食べながらいろいろ話をされていく。途中で女性の一人客もいらっしたけれど、他にお客も少なかったから、亭主もいろいろと団地の事情を話して差し上げる。隣に越してくる方が好い人たちで好かったと、後で家に帰って女将に話をしたのです。

昼の片付けと賄い蕎麦の昼食を済ませて奥の座敷で休んでいたら、スタッフが呼びに来たから何かと思えば、習志野のご贔屓さんの若奥様が、つきたての餅をわざわざ持って来てくれたのでした。どうしてこんなに親切にしてくれるのだろうかと、『小僧の神様』 をふと思い出すのでした。早速、女将に電話をして取りに来てもらう。彼女がスポーツクラブに出掛けた夕刻は、亭主はプールにも行かずに蕎麦屋へ戻り、朝のうちに浸けておいた出汁を取って黒豆を煮る。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.