今年最後の定休日も寒さで…

年末は寒くなるとは言われていたけれど、とにかく朝から冷えるのでした。昨日の晩のうちに、女将もとうとうマットレスを出して布団の下に敷く有様で、亭主も居間のエアコンだけでは暖まらないからと、石油ストーブを出して部屋を暖めるのでした。pekoの散歩に出掛けた公園の芝生もびっしりと霜で凍っていました。家に持ち帰った蕎麦もなくなったから、今朝は久々に白いご飯を食べられたのです。ゆっくりと居間の部屋で身体を暖めて、9時に蕎麦屋へ出掛ける。

ところが蕎麦屋の店内も7℃とすっかり冷え切っているから、直ぐには身体が動かない。エアコンを効かせてもなかなか温度は上がらないので、勿体ないけれど大釜に水を張って火を点けて、返しの仕込みと蕎麦豆腐の仕込みで、火を使う作業から始めることにするのでした。蕎麦粉とキャッサバの粉を取りに蕎麦打ち室に入れば、なんと5℃だから、家そのものが冷蔵庫の中のような寒さなのです。それでも昼までには今日の仕込みを終わらせようと急ぐのでした。

柚子の皮を剥いで千切りにしたら、昨日塩漬けしておいた大根の水を絞って、市販の甘酒の素を入れたら、砂糖と柚子と唐辛子を混ぜてなた漬けを漬け込むのです。麹の汁に浸けておけば一週間は保存できるので、冬場は白菜と並んで何かと便利な漬けものなのです。次は聖護院蕪とキュウリの塩もみに、鱈子と辛子マヨネーズを混ぜてひと品と思ったのですすが、鱈子の塩味でまた水が出てしまうといけないと考えて、これはお客に出す直前の一手間にする。

天麩羅の具材を切りわけて、南瓜をレンジでチーンしている間に、ナスとピーマンもカットしたら、容器ごとラップで密閉して、冷蔵庫に保存する。かき揚げ用の玉葱を刻んで水で晒したら、三ツ葉を切って、これも容器ごとラップでくるんで冷蔵庫に入れる。その間に南瓜を出汁醤油で煮込み、弱火で味を染み込ませる。冷凍してあった小豆の煮たのを冷蔵庫に戻して、明日の盛り付けに備える。三種類の小鉢の具材があれば、週末までは十分に持つはずなのです。

まな板を消毒している間に、女将に頼まれている大根と人参のなますと黒豆の煮物のレシピを確認しておく。大根は楕円形にスライスすると千切りにしたときに歯ごたえが違うというのを思い出して、是非やってみようと思った。黒豆は炭酸水で煮るという方法もあるらしいけれど、重曹の方が手軽で便利。仕上げがどう変わるのかを試して見たいところです。栗の甘露煮が瓶に半分ほど残っているから、薩摩芋を家から持って行って、栗きんとんも作らなければ。

年の暮れがちょうど週末で、大晦日も女将は蕎麦屋を手伝うから、お節の用意も最近では亭主が少し手伝うことにしているのです。それにしても、なます用の大根と人参は昨日の仕入れでは買っていなかったので、昼前に農産物直売所に行って仕入れてくるのでした。蕎麦屋の冷蔵庫にまだ残っていた蕎麦を家に持って帰れば、スポーツクラブから帰った女将が蕎麦を茹でる湯を沸かしておいてくれたから、早速、温かい汁の天麩羅蕎麦を茹でて二人で食べる。

午後は暖かい居間でテレビ映画を観てのんびりと寛いだら、プールの空いている時間帯を狙って出掛けて行く亭主。ところが、いざプールサイドに降りてみると、子どもたちの水泳教室でコースの半分は使われているではありませんか。係員に尋ねると、今日明日は冬の休みを利用してジュニアの水泳教室があるのだそうな。ゆっくり泳ぐコースと初心者コースしかないけれど、先に二人ほど泳いでいるコースに入ってゆっくりと400mのアップを開始するのでした。

年配の男性たちがスタート側のプールの中で長々と立ち話をしている。こちら側でのクイックターンを諦めて、黙々と泳ぎ続ける亭主の名を呼んで話しかける老人がいるから驚きました。「ラストなので…」と、そのままターンを決めて、プールから出るのでした。脈拍の上がったところで、続けて泳がなければ短時間での水泳の効果は期待できないから失礼したけれど、あれは夜のパトロールで一緒の知り合いだったか。今夜の集まりで会うだろうから謝っておこう。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, , 運動・健康. Bookmark the permalink.