今年最後の仕入れの朝…

今までになく寒い朝でしたが、冬至を過ぎたのに、日の出の時刻はまだ遅くなっている。pekoの散歩で蕎麦屋に行けば、やっと東の森の向こうから朝日陽が昇りそうなのでした。流れる雲が朝日を浴びてオレンジ色に輝く瞬間は、また格別の眺めで、ほんの一時の美しさなのです。家に戻れば、女将が蕎麦を茹でる釜に湯を沸かしてくれていたから、彼女には温かい汁の肉蕎麦を作って出してやる。亭主は二人分の蕎麦を茹でてせいろでスルスルスルッと朝ご飯。

手打ちの蕎麦だから、考えたらとても贅沢な朝食なのです。この二日ほどは一日三食、蕎麦以外には炭水化物を食べていないから、身体にはとてもいいのかも知れないけれど、さすがに白い米の飯が恋しい。残った蕎麦汁に茹でた釜の湯を入れて蕎麦湯を飲めば、身体は温まるのですが、これがとても美味しいと感じるのは、蕎麦屋の主人だからか。今朝は今年最後の仕入れに出掛ける日だったから、お袋様に電話をして農産物直売所から隣町のスーパーへ。

仕入れた食材を冷蔵庫に収納したら、月末だから今日は女将のお習字もお休みで、彼女がスポーツクラブへ出掛けている間に、亭主は今年最後の床屋に行って、のんびりとした時間を過ごしてくるのでした。他にもお客がいたので、今日は息子さんに刈ってもらったけれど、彼ももう上の息子さんが大学受験だと言う年頃で、夜も近くの飲食店でアルバイトをしているのだと言う。安く料理を出す店は、店員が可哀想だし、残った料理が勿体ないと、しきりに話すのです。

亭主も同業の仲間だから、その辛さはしみじみと分かるのです。店のオーナーが自分で調理をしていれば、決して必要以上に値段を下げたりしないだろうけれど、低価格で集客をを狙うようなチェーン店では、さぞ大変なのだろうと思うのでした。値段の安さに集まるお客は、それなりの客層だから、雇われ身の店員は対応に苦労すると言うのです。店に来るお客も料理を作る調理人も対等の関係で、値段もそれなりと言うのは、なかなか難しい世の中なのかも。

昼前に家に戻って、また蕎麦を茹でて女将と二人で食べる。おかずは昨日揚げてきた天麩羅をグリルでカリッと焼いて、天せいろもどき。決して不味い蕎麦ではないのだけれど、文句も言わずに食事をする女将に感謝なのでした。午後は一番でビールの仕入れに団地の酒屋に出掛けて行けば、空の瓶を入れたケースを店先に置いて中に入れば、棚には商品が疎ら…。事情を聞けば、奥さんが今年いっぱいで店を閉めると言う。もう古希を迎える年齢なのだとか。

遠くまでの配達も力仕事だから、そろそろ辞めてもいい頃だと考えたと言うから、人ごとではないのです。40年近く前に大通り沿いに店を出した人たちは、皆、高齢になっている。寿司屋も肉屋もクリーニング屋も、皆、閉店してしまったから、時の流れには逆らえないのでしょうか。お茶屋や薬屋もとっくにその年齢のはずだけれど、細々と店を開けているけれど、昔からのお客が通う社交場のようなものだとよく女将が話している。蕎麦屋もいつかそんな日が来るのか。

午後の仕込みは、大根や聖護院蕪の漬けもの系から始めて、朝のうちに準備しておいた蕎麦の出汁を取る。次々と鍋釜を使って蕎麦汁を徳利に詰めたら、後は洗い物の山なのです。今年もあと一週間だから、小鉢の食材も種類を少なめにして、2時間あまりで厨房の仕事は完了。後は昨日洗った洗濯物を洗濯機から取り出して干すばかり。火の元を確認して家路につくのです。年末も寒くなると言うし、今日もじっとしていると足元から冷えてくる寒さなのでした。

入り日が最後の光を投げかける頃、近所をデリバリーの車が走る。一人暮らしの老人や年寄り夫婦の多いこの辺りでは、思った以上に利用者が多いらしい。食料品店のある駅の近くまで歩いて出掛けるのは我が家の女将くらいのもので、大型スーパーの駐車場に車を停めてまとめて買い物をするのも大変なのです。若い世帯も少しずつは増えているようだけれど、共働きの家庭も多いのです。時代の流れに取り残されたように、夕食の準備に台所に立つ亭主…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 経営. Bookmark the permalink.