晴れたけれど風が強く寒い一日…

暁方の西の空に十六夜の月が残っていました。冬至も満月の夜も何時の間にか通りすぎて、今日はクリスマスイブだから、暮れのこの時期はまったく気忙しいのです。とはいっても、学校の冬休みになった三連休が、クリスマス・イブと重なっていたからか、お客の入りは去年ほど好くはなかったのでした。今朝もpekoの散歩を終えて朝食を食べたら、コーヒーを一杯飲んで蕎麦屋に出掛けた亭主。庭の金柑の手前に、早くも水仙の花が咲いていたから驚きでした。

晴れる一日だからと、着るものを減らして店に着けば、風が冷たいからこれは失敗だと慌てて暖房を入れる。水を張った大釜も火を入れて、蕎麦打ち室の温度が10℃を越えたら、やっと蕎麦打ちにかかるのでした。昨日の蕎麦が生舟に一箱残っていたけれど、天気が好ければ、祝日だからお客が来るかも知れないと、今朝もまた750g 9人分弱の蕎麦を打ちました。いつもの月曜日なら、定休日前だからと減らして打つから、ちょっと迷ったのだけれど、これが失敗。

寒い日には冷たい野菜サラダが出ないだろうと、今日はサラダは三皿しか盛り付けなかったのです。最初にいらっした常連のお客さんが、いつも天せいろなのに、珍しくヘルシーランチセットの天せいろを頼まれたのでしたが、後のお客の半分は、やはり温かい蕎麦のご注文なのでした。それでも、お客の数は混んだ平日以下で、今日は沢山蕎麦が残ると判ったので、早めにお袋様のところに電話をして、洗い物や片付けを始めるのでした。早めに暖簾もしまう。

残った天麩羅の具材はすべて揚げてしまって、油は固めてゴミに出す準備。定休日前の月曜日は、お客が少なくても片付け物が沢山あるので、祝日でいつものスタッフに代わって女将が手伝いに来てくれていたけれど、その大変さが分かったらしい。冷蔵庫の中をすべて空にしないといけないから、お客の少ない週は、家に持ち帰る食材が大量に出るのです。お袋様が残った蕎麦と天麩羅と蕎麦汁を取りに来てくれて、少しは助かったけれど、食べきれない…。

毎日蕎麦を打つのは好いのですが、今週のようにお客が少ないと、家でも三日目の蕎麦が食べきれずに残っている状態だから辛いのです。天候やいろいろな条件があって、お客の減る週もあるけれど、だからと言ってこの年の瀬に蕎麦を打たないで、売り切れましたと早じまいをするのでは、せっかく来て下さったお客に申し訳ないと思うから、まあ、仕方がない。いつも混んでいる週末に蕎麦屋を手伝ってくれる女将は、お客が少ないので拍子抜けした様子でした。

今日は遅い昼飯に家で蕎麦を茹でて食べる亭主。今朝も蕎麦だったけれど、これが蕎麦屋の宿命と諦めて、スルスルスルッと二人分平らげる。おかずは白菜のお新香だけで、仕上げに蕎麦湯をしっかりと飲みます。喉越しのいい蕎麦だから、美味しいという満足感はあるのです。一時間ほど休憩したら、祝日営業でプールが早く締まってしまうので、奮起して出掛けて行く。玄関脇のバラがまた一つピンクの花を付けていました。娘のくれたこのバラはよく咲く。

夕焼け空にぼうっと水仙の花が映えて、今夜も寒くなりそうな雰囲気です。クリスマス・イブだから、団地のケーキ屋さんも満員でした。昔、子供の家にいた頃は、我が家でもクリスマスにはケーキを買ったものだと、昼間、女将と二人で話していたけれど、本来、買って食べるほど甘い物が好きな二人ではないのです。それぞれに老いを迎えて、知らず知らず寒いのも苦手になってきた。年末に外で網戸を洗ったりする人々の姿もすっかり見かけなくなったのです。

冷たい風の吹く中を駐車場からわざわざ外の階段を昇って、プールに着いてみれば、今日は祝日だからか、中高年に交じって若い人も泳いでいるのでした。センターコースの速く泳ぐコースにも、今日は泳ぎの達者な人が交じっているから、準備体操を終えて、亭主もアップなのについスピードを上げて泳ぎ始めてしまう。本当はこのくらいのペースで泳がなければ、運動にはならないとは分かっているから、今日は久々に刺激を受けたという感じ。心地よい宵です。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち, 運動・健康. Bookmark the permalink.