晴れたのは朝のうちだけで…

7時前にpekoの散歩で蕎麦屋を回ったら、東の森の向こうから朝日が昇るところでした。午前中は雨という予報はすっかり外れて、青空の広がる朝だったのです。今朝は畑に霜も降りていなかったから、暖かな朝だと感じました。家に戻って女将に言えば、「昼の気温が上がらないから寒いのよ」と、気象予報士の受け売りだから嫌になってしまう。朝食を食べ終えていつもの時間に蕎麦屋に行けば、暖かい朝だから店内の温度も直ぐに10℃を越えて温かかったのに。

いつもなら店で仕入れるコーヒー豆を自宅に届くように頼んでおいたので、今朝は久し振りに女将がコーヒーを入れてくれました。8時半に蕎麦屋に着くと、亭主は早速蕎麦打ちを開始したのです。室温13℃、湿度は45%で加水率は44%。しっとりと捏ね上げた蕎麦玉をビニル袋にくるんで寝かせている間に、天麩羅に使う春菊を庭に採りに出たり、野菜サラダの具材を冷蔵庫から出したり、次の仕込みの準備をしておくのです。女将が少し遅れて店にやって来る。

丸出しから四つ出しまで、生地が上手い具合に仕上がっているから順調で、この時点でもう今日もいい蕎麦が打てそうだと確信するのでした。八つに畳んで包丁切りに入れば、切りべら27本で130g と、いつもと同じ太さの蕎麦が出来上がる。昨日残った生舟一箱の蕎麦と合わせて16食の蕎麦を用意する。青空の広がる外は陽が差して、この分ならお客も入るだろうと、女将と二人でせっせと開店前の仕込みをしたのでした。ところが、ところが天気は急変するもので。

早お昼を食べに家に戻った女将が蕎麦屋に帰ってきて、「やっぱり寒くなったわよ」と言うので外に出てみれば、晴れていた空は一面雲に覆われて、冷たい空気が辺りに溢れていたのです。朝の青空は何だったのだろうか。店の中は暖房が入っているから、21℃と快適なのですが、この冷え込みで雨まで降ってきたから、お客は来そうにないのです。去年のこの土曜日もやはりお客は少なかったと女将が言う。学校も冬休みに入るから、いつもとは違うのでしょう。

暮れの大晦日まで忙しい思いをするのだから、この時期にちょっと臨時休業にでもしたらどうだろうかと亭主が言えば、まんざらでもない女将なのでした。朝の準備が早かったから、亭主は三日目の蕎麦の残りをぶっかけにして賄い蕎麦。昼を過ぎてもお客の来る気配もなく、夫婦二人でのんびりと四方山話。それでも暇だから、女将は箸袋に箸を入れ、亭主は白豆の皮を剥いて、白餡作りの支度を済ませる。客が来ると途中で止められないから、まだ煮込めない。

金柑の種取りぐらいなら出来るだろうと、冷蔵庫から金柑を出して、半分に切って竹串で一つ一つ種を取っていく。箸入れの終わった女将も手伝ってくれたので、ものの10分もしたら、もう後は煮詰めるばかりなのでした。鍋に水を汲んで酢を入れて金柑を茹でこぼしたら、今度は氷糖蜜でじっくりと煮込んでいく。1㍑の鍋に一杯の金柑をつくつくと煮て、後は夕刻に白豆を煮て漉す作業をすればいい。漉した豆を氷糖蜜で煮詰めれば、いよいよ白餡の完成なのです。

とうとう今日はラストオーダーの時間まで、お客が一人も来なかった。こんな日は半年ぶりぐらいだろうか。片付け物も洗濯する物もなかったから幟とほ暖簾を取り込んだら、雨の上がった通りを、こんな日もあるものだと話ながら、夫婦二人で家路につくのでした。暖かい店の中にいたからか、外はそれほど寒いとは感じなかったけれど、亭主は夜の営業がもう気になっているのでした。とにかく明日金柑大福を仕込むためには、白餡だけは作り終えてしまわなければ。

今日の写真をパソコンに取り込んで、ひと眠りしようと思ったけれど、なにせ身体が疲れていないから眠れない。女将は買い物に出掛けたらしいし、4時前に亭主も蕎麦屋へ出掛けて、明日の仕込みにかかるのでした。煮込んだ白豆を濾し網に乗せて、宮島でぎゅっと漉していくのはちょっとした力仕事。400g も豆を剥いたから鍋に一杯の白餡が出来た。これに氷糖蜜を入れてまたくつくつと弱火で煮込んで水分を飛ばす。今年いっぱい使える程の白餡の出来上がり。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.