そぼ降る雨の中を…

今朝は3時過ぎに目が覚めて、年賀状の続きを印刷する亭主なのでした。300通も出していた昔から比べれば、100通ちょっとの枚数に減ったのですが、忙しい年末恒例の仕事だから、隠居した身としては、もう少し減っても好いのではと常々思っているのです。親戚や友人、蕎麦屋に来てくれる親しい人たちを合わせても、60通ぐらいで済むはずなのだけれど、心に残る言葉を贈って下さる方々には失礼は出来ないと、何日か夜なべ仕事の結果、体調を崩すのです。

亭主の動きを察知して居間の部屋のpekoが起き出したけれど、かまわずに車を出して郵便局のポストに向かう。新聞配達のお兄さん達のバイクも冬場は遅いと見えて、まだ走っていない時間なのです。4時になったから、起き出して亭主を待つpekoに朝食を与え、自分は温かい肉蕎麦を作って食べる。昨日は客がなかったから、一昨日の蕎麦が大量に余ったので、少しでも食べてしまわないと、次の廃棄分が出た場合に大変なことになるのです。蕎麦屋の宿命…。

そのまま朝まで起きているわけにも行かずに、寝室の入口でじっとお座りの姿勢で待っているpekoを連れてまたひと眠り。次に目が覚めたらもう7時過ぎなのでした。毎日のように同じ時間に女将の用意してくれる朝食に間に合わせようと、pekoを起こして近くの公園まで散歩に出掛け、女将の入れてくれたコーヒーを一杯飲んで、いつもの時間よりも少し遅れて蕎麦屋へ出掛けていくのでした。今日は日曜日だから、朝ドラがなかったので一安心。薄曇りの朝なのです。

朝の仕事を一通り済ませたら、蕎麦打ち室に入るのが一番。歳を取るとのんびりといろいろなことを考えるから、どうしても仕事が緩慢になるのです。今日のブログでは、敢えて、伸した蕎麦の生地を八つに畳む行程を写真に撮ってみました。この行程が上手く出来るためには、水回しから始めて、丸出し四つ出しの行程がしっかり出来ていなければならず、自分としては、今が一番の上手く打てている時かと思っているからなのです。小さな蕎麦屋の自己検証…。

お客の多い蕎麦屋では、手打ちの蕎麦なら、750g などという単位で量で打つことはまずないでしょうから、1kgや1.5kgで何回か打って、その日のお客に提供するのでしょう。蕎麦屋の立地の条件や、いらっしゃるお客の種類や数で、さまざまなバリエーションが考えられるのです。開業して5年近く経つ霊犀亭では、一日15食の蕎麦を打つのも、お客にゆっくりとして頂きながら、料理を提供するのにもギリギリの数で、それ以上に儲けたいとも思わないし、これで好い。

今日も、昼近くに電話が入って、「1時に3人で行きたいのですけれど」と言われたのですが、「今は誰もお客がいないので、大丈夫だと思います」と応えたきり。予約は受け付けていませんと言いたかったけれど、ちょっと我慢しました。最初にいらっしたのは、隣町の常連さんで、3ヶ月も海外の仕事に出掛けていて、上手い蕎麦が食いたかったとおっしゃる男性。辛味大根と、鴨せいろの大盛りのご注文。これが日本の蕎麦だとばかり、汗を垂らして喜んで下さった。

平日並みの混みようだったけれど、小雨の降る中を皆さんよくぞいらっしてくださった。昼時に集中して混んだけれど、一回転だけでそれ以上のお客は来なかったのです。「美味しかったわ。今度はお友だちと来させてもらいます」と、お婆様がおっしゃって、杖を持って帰って行かれる。鍋焼きうどんが随分とよく出た日なのでした。早めに洗い物と片付けを済ませ、女将と二人で小雨の中を家路につく。一休みしたら女将はスポーツクラブへ出掛け亭主はひと眠り。

夕刻の開店の一時間前には蕎麦屋へ出向いて大釜に火を入れる。雨が降っていたけれど、幟を出して温かい蕎麦の汁を仕込んでおく。軽く塩漬けした蕪と柚子に辛子マヨネーズと鱈子とキュウリを敢えて小鉢を作ってみたけれど、小鉢ばかり多くてお客が来るのかどうかとおもっていたら、6時前に女性客がいらっしゃって、天せいろのご注文でした。近所の花農園にお勤めなのだと言う。「静かですね」と言われて、何と応えたら好いのかな困った亭主なのでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.