ひんやりと晴れた一日…

ひんやりと空気の冷たい朝でした。昇る朝日も厚い雲の間からほんの僅かだけ光をみせたものの、昼から晴れるという天気予報は何処まで信じられるのか。いつもより少し早い時間だったけれど、pekoの散歩で蕎麦屋を回って、洗濯物はまだ乾いていなかったから、米を研いで炊飯器にかけてくる。家に戻ってみれば、女将がいつもより早い時間に朝食の支度をしてくれたから、今朝は食後のコーヒーをゆっくりと飲んで、朝ドラの始まる時刻に蕎麦屋へ出掛ける。

定休日明けの木曜日は、決まって750g の蕎麦を二回打つから、早めに出勤するのがいいのです。夕べはプールと夜の防犯パトロールとでかなり運動をしたから、ぐっすりと眠れたのが好かった。加水率を42%で蕎麦粉を捏ね始めたら、少し柔らかめのでっち上げだったけれど、本伸しで打ち粉を振るほどでもない。八つに畳むときには生地がくっ付かないように十分に打ち粉を振って、切りべら26~7本で130g の仕上がり。このところ仕上がりに不安はなくなった。

「おはようございます」とスタッフがやって来て店の掃除を始め、亭主は17食の蕎麦を打ち終えて奥の座敷で一休み。外は風が冷たいと言うけれど、蕎麦打ちを終えたばかりの亭主は、もう汗ばんでいるのでした。葱切りを終えたら野菜サラダの具材を刻み、皿に盛り付けていく。スタッフの盛り付けたなた漬けや大根の煮付けの写真を撮って、後はデザートの金柑大福を包むだけです。この時点でもう11時を過ぎているから、今日は賄い蕎麦は営業を終えてから。

開店後間もなく近所の会社の社長さんが久し振りにいらっして、「風が冷たいねぇ」とおっしゃってカウンターに座る。見ればワイシャツの上にセーター一枚だから、「その恰好じゃ風が通ってしまいますよ」「事務所の中は暑いし、この時期は着る物に困ってしまうんだよね」今年は暖かい日が続くから、いきなり例年の気温に戻ったりすると、さすがに対応が難しい。外は陽が差してきて、どうやら気温も少し上がってきたらしい。でも、風はひんやりと冬の冷たさなのでした。

「ネットで見て来たんだよ」と、隣町からいらっしたと言うご夫婦は、ヘルシーランチセットとミニ天丼とせいろ蕎麦のセットをご注文でした。デザートまで食べ終えたところで、カウンターのこちらから、「いかがでしたか」と尋ねれば、「いやあ、美味しかったよ」「また寄らせてもらいます」と、満足そうにお帰りなのでした。いつもご家族でいらっしゃる旦那さんが、今日は仕事仲間と一緒にカルビー丼とせいろ蕎麦のセットのご注文。そう言えば今日は男性のお客が多かった。

若い男性客がカウンターに座って、ミニ親子丼とせいろ蕎麦のセットに蕎麦豆腐をご注文。蕎麦が美味しいといろいろな話をする。転勤族だから各地で美味しい物を食べているそうだけれど、蕎麦豆腐が絶品だと褒められて、沖縄のジーマミ豆腐の話をする亭主。駐車場の車が何台か入れ替わり、そろそろ後片付けの準備をしようかと思っていたら、いつもは自転車で来る常連のお客さんが珍しく車でいらっしゃった。いつも天せいろをご注文だから黙って調理する。

平日の割にはお客が入ったのは、やはり、日中、陽の出たお蔭だろうか。暖かい蕎麦の注文がなかったのも、蕎麦好きの方たちが多かったからでしょう。片付けを終えたら、スタッフを先に返して、仕入れの業者の来るのを待つ亭主。このところ毎週のように発注しているから、自分で買い出しに出るのを含めて、今月の食材の仕入れ額は多かった。それでも、去年一昨年に比べたら、売り上げが伸びているのは、お客が増えた証拠なのでしょう。あと一息なのか。

家に帰って一休みしたら、プールに出掛けようと思っていたけれど、やはり、疲れてひと眠り。5時過ぎに目覚めて出掛けて行けば、どうせ子どもたちのスイミング教室で混んでいるのだろうと思ったら、月末は教室がお休みだとかで、6コースにたった4人だけなので驚きました。速く泳ぐセンターコースでは、マスターズの選手らしい中年の女性が個人メドレーを泳いでいました。隣のコースに入って亭主も今日は2個メでアップを開始。爽快な気分で黙々と泳ぎ続ける。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち, 運動・健康. Bookmark the permalink.