地域の親爺様方の懇談会で…

昨夜のパトロールで歩いたお蔭で、ぐっすりと眠った今朝は、4時に目覚めて一人お茶を入れて飲む亭主。朝の早いpekoも起き出しているので、彼女が朝食を済ませるのを待って、雨の降らないうちにと蕎麦屋回りの散歩に出掛ける。今日も蒸し暑そうな梅雨の空。蒸し暑い日には木槿の花が本当によく似合う。朝の早いご近所の奥様に挨拶をされて、やはり、早朝から花の世話をしているらしかった。放ったらかしの我が家とは違って皆さんお花好きなのだ。

例によって玄関先にpekoを待たせて、5時前から蕎麦屋の厨房で糠床からお新香を取り出す亭主。本当は、昨夜もう少し遅く漬けるか、朝早く取り出せばいいのだけれど、昨日は一日中仕込みに追われていたから、これが限界なのでした。野菜が新鮮なのがせめてもの救いか。昨日用意しておいたグラスをすべて洗い終えたら、pekoと家に戻って早めの朝食を済ませる。やっと起き出して来た女将が、朝ドラを見る時間帯に亭主は再び蕎麦屋へ出掛けるのでした。

沢山の料理の最後に食べる蕎麦だからと、今朝は1kgを打って100gずつ束にして14人分生舟に用意した。湿度は70%、加水率は43%で、切りべらは16本。時計を見ながら、次々と今日出す料理を仕上げて行く。11時前にスタッフがやって来て店の掃除を始め、11時半には女将も姿を見せていよいよ開店準備です。年に何度かの貸し切り営業は、普段と違う料理を出せるのが最大の楽しみだけれど、一年間の修行の成果が試されるときでもあるから大変…。

さすがは年の功で、定刻より早めに皆さんが集まって、女将が付け出しと飲み物を運ぶ。厨房においてあった炊飯器やコーヒーメーカーなどはすべて奥に片付けてあるから、今日はひたすら次に出す料理を盛り付けて、出せる準備をするのが亭主とスタッフの仕事。話の弾むお客さんたちの食の進み具合を見ながら、一品多く追加して小鉢を出す。刺身の盛り合わせも、一度に出すには用意した具材が思ったより多すぎた感じで、鴨肉の下ごしらえに取りかかる亭主。

合間に出すのは箸休めの小鉢。懇談会の開始から1時間ほどで天麩羅を揚げ始めて、熱いうちに次々とテーブルに運んでもらう。冷やしたぬき蕎麦を大きな椀で出して、デザートを出せば今日の料理はすべて終わり。ぴったり2時間、9品のコースでしたが、皆さん綺麗に食べてくださった。デザートの水羊羹とメロンを盛った皿の趣向に感心するお客もいれば、メロンの型抜きを珍しがる方もいました。和気藹々と語らいながら、和やかに過ごして頂けたのが好かった。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, . Bookmark the permalink.