見事なモミジの紅葉を間近で見た朝…

明け方に冷えたからか、亭主の布団の隅で眠るpekoの温かさを感じながら、今朝はゆっくりと目覚めたのです。pekoに朝食をやって着替えを終えたら、もう女将の朝ドラタイムだったから、先に朝の散歩に出掛ければ、向こうの丘の銀杏がすっかり黄色くなっていた。あれはドングリ公園の裏手にあるお寺さんの銀杏。女将が公園の紅葉も真っ赤になっていたと話していたから、pekoを促してこちら側の丘の坂道を下って行く。ゴミ出しの奥様たちが立ち話をしている。

pekoと一緒に急な坂道を登れば、ブランコや滑り台のある懐かしい公園に出る。このところ蕎麦屋と自宅の間しか歩いていない亭主にとっては、久し振りに通る道なのでした。毎年、この公園のモミジは綺麗に紅葉するから、楽しみにはしているのだけれど、なかなか来る機会がない。いつもの年なら車にpekoを乗せ、女将と一緒に城址公園まで足を伸ばして、銀杏やモミジの紅葉を楽しむのですが、今年はいつまでも暖かかったせいか、つい機会を逃してしまった。

女将は女将で「近所の紅葉で十分満足だわ」などと、負け惜しみとも付かぬことを話しているから、まったく夫婦の行動半径は狭くなった。というより、スポーツクラブや書道のお稽古と、仕入れ先の農産物直売所や隣町のスーパーと蕎麦屋という具合に、日常の生活の中での目的地以外には、あまり感心がなくなっているのかも知れない。若い頃から行動的な亭主と、出掛けるのが好きだった女将にしては、随分と様変わりなのです。忙しくなった蕎麦屋のせいか?

遅い朝食を終えて、女将がスポーツクラブに出掛けた後で、亭主はゆっくりと蕎麦屋へ出掛ける。蕎麦屋の隣の道路沿いに、お爺さんが毎年植える秋桜の花が綺麗だったから、100mほど蕎麦屋を行き過ぎて写真を撮っておく。最近出来た市のコミュニティーバスの停留場には、この辺りの地区の入口と表示されていた。農業地区でもあり、お年寄りも多いから、バス停でなくても手を上げれば止まってくれる決まりだから便利なのです。街道沿いのどかな風景…。

蕎麦屋の西隣の畑は、90歳近いお隣のお爺さんが、トラクターに乗って草が生えないように耕している。この辺りの団地の土地も、元はお爺さんの土地だったのだと、いつか話すのを聴いたのでした。陽射しの暖かい今日も畑に出て、何やら作業をしていたのです。遠くに駅前のマンション群が霞んで見える。ここは団地の北の外れ。その一番端にある蕎麦屋へ戻って亭主も今日の仕込みにかかる。まずは途中まで作った白餡を火に掛け、時間を掛けて煮詰める。

その間に明日使う分のブロッコリーとアスパラガスを茹でて容器に入れて冷蔵庫で保存する。蕎麦豆腐を仕込んで型に流し込んで、これも冷蔵庫で冷やして固める。南瓜の種を取って天麩羅用に薄く切りわけてレンジに掛けておく。あとは天麩羅の具材を仕込めば終わりと言うところで、そろそろ女将が帰ってくる時間。今朝の新聞を郵便受けから取り出して、見出しを読みながら家路につくのでした。女将には餃子を焼いてもらい、亭主がモヤシ蕎麦を作って昼食。

勤め始めた頃に、下宿の蕎麦のラーメン屋でラーメンの次に安かったのがこのモヤシラーメンで、少しばかりの挽肉ととろみを付ける片栗が美味しかった。今は餃子まで付いて、たっぷりの挽肉と蕎麦屋で取れた小松菜を添えて、四川風の山椒が利いた辣油を掛けて、身体中がしっかりと暖まるから、贅沢になったものです。蕎麦が残らない定休日も、昼は麺ばかり食べている亭主に、女将が付き合ってくれるのも有り難い。味つけは女将好みに隠し味に砂糖…。

午後は昼寝もせずにまた蕎麦屋へ出掛け、天麩羅の具材の切り分けを済ませて、白餡を容器に詰めて冷凍したら、そのままプールへ出掛けてひと泳ぎ。ちびっ子のスイミング教室があったから、歩くコース以外の泳げるコースは、初心者コースとゆっくりと泳ぐコースの二つだけだったけれど、空いていたのでゆっくりと400mをアップする。後から来る人の邪魔にならないように早めに上がって、夜のパトロールに備えて家に帰って一休み。夕刻から冷えてきた。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 運動・健康. Bookmark the permalink.