今日も一日よく働いた…

明け方まで降った雨は、pekoの散歩に出掛ける頃にはほとんど止んでいたのです。定休日とは言え、いつもの時間に朝食を食べて、いつもの時間に蕎麦屋へ出掛け、昨日の洗い物の片付けを終えたら、お袋様に電話をして仕入れに出掛ける。朝飯の時に女将から、庭の木槿を切りそろえて欲しいと言われていたから、月末でお稽古の送迎がない分、昼からはもう一仕事が増えた。農産物直売所に出掛けて、新鮮な旬の野菜を仕入れ、隣町のスーパーに向かう。

買って来た食材を冷蔵庫に収納したら、大きな大根を二本も仕入れたから、なた漬け用と煮物用にと切りわけて、塩で押し漬けをしたり、下茹でをしたり。朝のうちに白豆を300g水に浸けておいたから、午後にはまた白餡作りに時間がかかりそう。女将がスポーツクラブから戻る時間には、午前中の仕込みを終えて家に戻り、昼食の支度をするのは、このところすっかり亭主の仕事です。先週、残った野菜サラダが食べきれないから、豚肉を加えて昼はタンメンを作る。

仕入れのデータをパソコンに入力して領収書を整理したら、食休みにごろりと横になってひと眠りしようと思ったけれど、言われていた木槿の剪定を思い出して、ヨッコラショと起き上がる。外見を切りそろえればいいと言うものではなく、枝の重なった部分を一枝一枝鋏で切っていくのが実は大変。後は電動バリカンでザーッと刈っていくのです。さすがに悪いと思ったのか、女将がゴミ袋を持って玄関から出て来て、道路に落ちた枝を綺麗に掃除してくれるのです。

空は晴れ渡って暖かい陽射しが気持ちの良い午後。まずは一週間の調理ですっかり汚れてしまったレンジ周りの掃除から始めて、ピカピカになったところで、午前中に下茹でをした大根を出し汁で煮込んで、水に浸けておいた白豆を茹でる。さっと茹でたところでザルに採って水で洗ったら、いよいよ皮剥きの開始です。どうせ途中で飽きてしまうから、同時進行で出汁取りの準備を済ませ、なた漬けの仕込みを済ませておく。ここからが気の遠くなるような長い作業…。

左手で一握りの豆を掴んだら、右手の指に力を入れて一粒ずつツルンと皮を剥いていく。店内にはBGMの音楽を流してあるから、厨房に立ちながら陽も傾いた外の森や畑の景色を眺めては、昔の懐かしい記憶を辿り、ああ、あの時はこうだったなあと、懐かしく思い出す。もしもあの時こうしたならば、今の自分は違う生活を送っていたのだろうかなどと、取りとめのない思いで両手を黙々と動かしていく。何処までやったら終わりにしようかと考えながら、最後の一粒。

皮を剥いた白豆は鍋に入れて本格的に茹でる。その隣の火口ではいよいよ出汁を取り始めるのです。窓の外はすっかり黄昏れて、今日もこれで終わりかと何か寂しい気持ちになるのでした。一昨日作って寝かせておいた蕎麦汁は徳利に詰め替えて、また新しい蕎麦汁を仕込む。出汁を入れる容器の数と冷蔵庫のスペースが限られているから、段取りよく中身を入れ替えて新しいものにしていくのです。二番出汁まで取り終えて、順次、容器ごと水で冷やしていく。

とっぷりと日も暮れた5時過ぎに、やっと洗い物を終わらせて家路につく亭主なのでした。ガスのレンジの安全装置を「消した、消した、絶対に消した」と火口ごとに声にして確かめながら、最後に製氷皿の給水をして店を出る。団地の開発業者の若い女性社員が、家々の戸口を回って来年のカレンダーを配り歩いている。蕎麦屋には昨日のうちに自宅の分と二つ届けてくれた。外灯の明かりの下で「こんばんわ」と声を掛ける。年の瀬が一日一日と近づいている。

家に戻れば、女将がもう夕食の支度をして待っていた。キュウリもナスもピーマンも、里芋とイカの煮物も、すべて昨日蕎麦屋から持ち帰った残り物。作ったばかりの大根のなた漬けと厚揚げの焼き物も加えて、これが今夜の我が家の食卓です。一日中、働き続けて、さすがに疲れたのか、夕食後は風呂の時間までぐっすりと眠り込んでしまいました。明日は午後のプールと夜のパトロールがあるから、早めに仕込みを終わらせて、少しはゆっくりとしたいところです。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常. Bookmark the permalink.