朝が寒いと昼に暖かくても…

寒い朝でした。pekoもなかなか玄関前から動こうとしなかったけれど、諦めて公園回りの散歩に出掛ける。家に戻ったら女将の用意した朝食を食べて、コーヒーを一杯もらって洗面と着替えにかかる。今日は日曜日だったから朝ドラはなかったけれど、いつもの時間に家を出て蕎麦屋へ向かうのでした。幟を出したら米を研いで、糠漬けを切って小鉢に盛り付ける。今朝の蕎麦打ちも750g を一回だけだったから、落ち着いて昨日と同じように42%の加水で仕上げる。

切りべら27本で127g を8束と103g。最近は安定してほぼ同じ太さの蕎麦が取れている。10時前には蕎麦打ちを終えて、葱切りを済ませる。野菜サラダの具材を刻んで、四人分を盛り付けて、昨日は足りなくなった金柑大福を、今日は6個作ることにしました。白玉粉80g、水80ccに氷糖蜜80g を鍋に入れてふやかしている間に、汁気をキッチンペーパーに吸い込ませた金柑を白餡で包んで丸めておく。熱々の求肥に片栗粉をまぶし、延ばしながらくるんでいくのです。

開店15分前には、女将も亭主も準備を終わらせて、暖簾を出すのでしたが、お客の日曜日は出足が遅いから、昼を過ぎてもなかなかお客が来ないのです。12時半近くになって、ご家族連れが続けていらっしゃって、急に忙しくなるから休日は大変。子供さんの食べるせいろ蕎麦や汁に具材を入れて煮込むだけの肉蕎麦など、早く出せるものから仕上げて、段取りを上手く考えて、どんどんと調理をこなしていくのです。鴨せいろは慌てずに余熱で焼いてお出しする。

昨日は、サラダも蕎麦豆腐もデザートも、すべて売り切れたのでしたが、今日は、まったく出なかったし、暖かい蕎麦が多くて、蕎麦徳利もほとんど使わなかったから、分からないものです。昼間は陽射しも出て暖かかったけれど、週末なのに朝からの寒さが響いたからかお客は平日並みの入りなのでした。ラストオーターの時間に幟と暖簾をしまって、定刻にはもう女将と家路につく。亭主は早めに売り上げと写真のデータ入力をして、4時過ぎまで仮眠を取るのでした。

今日は相撲も千秋楽だから、この時間帯に蕎麦屋に来るお客はいないだろうと、昼の洗濯物を干したり、洗い物を片付けたりしながら、時の過ぎるのを待つのでした。明日の小鉢も十分にあるし、出汁だけは取っておかなければと、一番出汁と二番出汁を取って容器に入れて冷蔵庫で入れておく。早めに暖簾を下ろして家に戻れば、スポーツクラブから帰った女将は夕食を終えてpekoの散歩に出ていた。持ち帰った野菜サラダが、夜のおかずに早速添えられた。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.