人恋しい季節なのか…

日の出の時刻にpekoと蕎麦屋まで散歩に出れば、青空は覗いているものの雲の多い朝なのでした。米を研いで炊飯器にかけ、昨日の洗い物を片付けて家に戻れば、今日の朝食も蕎麦屋で残った野菜サラダに卵焼き。何も文句も言えずに言葉少なに食事を終えて、女将の朝ドラの時間にまた蕎麦屋へ出掛けて行く亭主なのです。気温が低いから、今日もお客は少ないだろううと思うのだけれど、開店前の仕込みはいつもと同じで減らすわけにはいかないのです。

家の前からの通りを曲がったところにある夏蜜柑や柚子の実が、今朝の青空に映えて気持ちがいい眺め。うっすらと陽が差して、蕎麦屋の向かいの畑も、雲間から覗く青空の色がそこはかとないヘブンリーブルー。そんな名前の朝顔を育てていた年もあったっけなあと、月日の流れる速さにふと思いを寄せるのでした。厨房に入る前に幟を出して、大釜に水を張ったらまずは朝のコーヒーを入れる。今朝の段取りを考えながら、静かに気合いを入れていくひととき。

加水率42%で750g の蕎麦を打つ。ちょうど好い硬さで伸し広げたら、八つに畳んで、ほどよいリズムで包丁切り。昨日の反省点を思い出して、集中が時切れないように、均等な幅で切り進めば、今日は切りべら27本で127g。最後まで綺麗に切りそろえられたから、かなり満足な仕上がりなのでした。昨日残した生舟一箱の蕎麦と合わせ、16食と104g の蕎麦を用意したら、葱切りを済ませ、アスパラとブロッコリーを茹で、野菜サラダの具材を刻んで開店の時を待つ。

暖簾を出せば程なくして、習志野の常連さん母娘が車で乗り付ける。いつも「こんにちは」と玄関の扉を開けていらっしゃるから、ここちら「いらっしゃいませ。こんにちは」と挨拶を返すのです。同じテーブルに腰を下ろして、ご注文もいつも同じだから、女将がサラダや蕎麦豆腐をお出ししている間に、亭主が盆や蕎麦皿をセットする。天麩羅の皿に天紙を乗せて、天つゆの小鉢を置いたら、すぐに天麩羅を揚げ始めるのです。今日は直ぐにもう一組のご夫婦がご来店。

こちらもヘルシーランチセットの天せいろをお二人でご注文だったから、俄に女将も亭主も忙しくなる。このところ野菜サラダが売れなかったけれど、今日は最初からサラダも蕎麦豆腐もデザートの金柑大福も、全部売り切れたので気持ちがいいのでした。一度にそんなに出ることも珍しく、どれも少量ずつしか作らないから、小さな蕎麦屋は難しい。今日はいつもより冷え込んでいるから、鍋焼きうどんや天麩羅蕎麦が出るかと思って温かい汁を用意していたのでした。

洗い物をする間があってちょうど好いお客の入り。後半最初のお客はまた習志野ナンバーの車だったから、遠くからいらっしたのかと窓の外を見れば、懐かしい姿が見えたのでカウンターのこちらから思わず手を振る亭主。「お久しぶりです。お元気ですか」と挨拶をすれば、今日は妹さんを連れてのご来店なのでした。昔の職場の先輩で、ご主人にも若い頃から公私ともに世話になった方なのです。考えたら40年以上のお付き合いだから、懐かしさがこみ上げる。

他のお客が帰った後は、暖簾を下ろしてコーヒーを入れて差し上げる。ホームページを読んで来てくださったと言う妹さんは、いつも話には伺っていたけれど初めての対面。来春には退職なさると言う職場の後継者として、亭主のかつての教え子が職に就くと言うから世間は狭い。「お気を付けて」と夫婦で外まで見送ったら、今日の昼の営業は終わり。優勝争いのかかった相撲中継があったからか寒さのせいか、夜は最近にしては珍しくお客がなかったので早帰り。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.