ひんやりと晴れた一日…

今朝も寒い朝でした。6時過ぎにpekoを連れて蕎麦屋回りの散歩に出れば、蕎麦屋の前の畑にはうっすらと霜が降りていました。郵便受けから新聞を取って、カウンターに干してある昨日の盆や蕎麦皿を片付ける。洗濯機の中に洗い終わったままになっている布巾類を干して、玄関の外で待たせているpekoを連れて家に戻るのです。朝から雲一つない空なのでしたが、空気はひんやりとして、今日一日の陽気が気になるところです。寒ければお客は少ないのです。

朝食を食べ終えたら、デザートに柿と、食後のコーヒーが出る。どうしても朝は、ヨーガで目覚める女将の方が動きがいいいから、亭主はゆっくりと洗面と着替えを済ませて、朝ドラタイムの邪魔にならぬように、静かに「行ってきま~す」と玄関を出るのです。陽が昇ってくれば冷たい朝の空気も何処へやら、陽射しが暖かいから心地よいのです。朝の散歩と同じ道を歩いて蕎麦屋へ向かう亭主。生舟一箱分を残してあるから、今日は750g だけ打てばいいのです。

朝の散歩の折に店のエアコンを点けておいたから、蕎麦打ち室は18℃まで温度が上がって、湿度は57%。昨日、随分と硬い蕎麦を打ったので、今日は42%強の加水率で捏ね始める。やや柔らかめだけれど、伸し棒に入れる力を加減すれば、するするっと楽に伸せるのでした。幅は打ち台に付けた75cm のマークを超えないようにして、90cm 弱の奥行きまで伸したら、打ち粉を振りながら八つに畳む。何回切っても切りべら26本で127g 、8食分と110g を仕上げる。

やはり、生地の厚さと駒板の送りには相関関係がありそうです。包丁は生地に対して垂直に降ろすのではなく、心持ち内向きに入れているような気がする。そして垂直に包丁を立てると自然に1mmほどの切りしろが見えてくるのです。極端に包丁を動かさない限り、この間隔は変わらないから、同じ本数の切りべらで同じ重さの蕎麦が取れるという事なのです。ふと集中力が途切れたときに、この駒板がちょっとだけずれて太くなったり細くなったりする。要注意です。

一回しか蕎麦を打たない今朝は時間があったから、ニンジンとハヤトウリの金平を仕込んでおく。お客さんに沢山頂いてから毎日少しずつ使っているけれど、今日で二週間ほど経つ。冷蔵庫に保存しているけれど、表面が少し黄色くなってきた。皮を剥いた中は何でもないから、十分に使えるのだけれど、早めに調理しておいた方が好い。と、窓の外に車が止まって蕎麦屋の看板を見に来る奥様が。店置きのパンフレットを持って、「宜しくお願いします」とご挨拶。

去年のこの祭日は確か混んでいたから、今日ももしかしてと野菜サラダも週末並の数を仕込んでおくのでした。金柑大福も昨日と同じ数を包んで、時間があったから、亭主はかき揚げを揚げて、蕎麦の端切れを茹でて、賄い蕎麦をぶっかけで食べておく。夜はまたプールへ出掛ける予定だから、夕食が早くても好いように昼も11時過ぎに食べてしまうのです。開店と同時に先ほどのご夫婦がいらっして、人から聞いてきたのだとか。口コミの力は馬鹿に出来ない。

お二人で天せいろを召し上がって、「お蕎麦がとても美味しかった」とおっしゃって、金柑大福までお持ち帰り。祭日の混みようではなかったけれど、ご家族四人連れのリピーターさんもいらっして、小さなお子様もいたので、天せいろの大盛り二つに普通盛り一つと海老を追加でご注文。綺麗に蕎麦湯で飲んでくださったから、やはり蕎麦の好きなご夫婦なのでしょう。時計が1時半を回ったら、そろそろ片付けの体勢。ラストオーダーの閉店15分前には暖簾をしまう。

夕食まではだいぶ間があるからと、亭主はひと月振りに床屋へ出掛ける。「お待ちしておりました」と笑って親爺様が出迎えてくれた。例によって、四方山話に花が咲いて、「テレビばかり見ていて身体を動かさないから、便秘になって病院に行った」と言うものだから、二人で大笑いをする。早い夕食を終えて相撲中継を最後まで観たら、プールへ出掛けてチェックイン。水着に着替えてプールへの通路に向かえば、「今日はもう終わりだって」と例の親爺様が出て来た。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 蕎麦打ち, 運動・健康. Bookmark the permalink.