初霜の降りた朝か…

pekoとの散歩で蕎麦屋を回れば、向かいの畑に霜が降りているらしいので、今朝は随分と冷え込んだようなのです。先日の朝も同じような光景が見られたのだけれど、朝靄が地面付近に止まっているのかと思ったのです。しかし、今日は、広い畑の中程が一面真っ白になっていたから、見まがうべくもなく霜なのでした。6時の気温が3℃だと女将も言っていたから、間違いがないでしょう。本格的に地盤改良工事が始まった蕎麦屋の下の土地は、いよいよという感じ。

いつもよりは少し遅めに蕎麦屋へ出掛けて、昨日作り始めた鰹節の乾燥作業と、白豆を漉して煮込んだ白餡作りから始める。どちらも弱火で温める気の長い作業だから、天麩羅の具材を切りわけたり、アスパラやブロッコリーを茹でたり、柚子の皮を千切りにして大根のなた漬けを漬け込んだりと、多くの仕込みをこなしてやっと11時前。あとは、蕎麦豆腐を仕込んで糠漬けを漬け込むだけだけれど、昼食前にプールへ行って泳いでくる予定だったから午後に回す。

冷蔵庫に入れている糠床に漬ける糠漬けは、午後4時頃に漬け込むのがベスト。昼に家に戻って女将と昼食を食べたら、ひと眠りしてもまだ余裕がある。今日の昼前のプールはベビースイミングで半分使われているから、歩くコースがひとコースで、泳ぐコースは初心者用とゆっくり泳ぐコースのみ。準備運動を終えた亭主が泳ぐにはちょっと物足りなかったけれど、プールに入れることがまずは嬉しかった。家からも近いので現役で働いていた時代より通いやすい。

中高年の男性や女性がゆっくりと泳ぐ中を、邪魔にならないように間隔を開けて泳ぐのは、なかなか難しい。それでも、四種目でアップ400mを泳いで、最後の50mでスカーリングと泳法確認。もう少しこのプールに慣れてくるまではと、オールアップで10分ちょっとの時間だけれど、毎日泳げるかと思うとやる気が出てくる。プールが空いている時間帯も、そのうち把握できるだろうと楽しみにしているのです。女将のヨーガではないけれど、長年続けてきたものは好い。

12時前に家に戻れば、まだ女将はスポーツクラブから帰っていなかった。どうせ昼飯作りは亭主の仕事と、冷蔵庫の肉や野菜を刻んで例によってカレー炒飯。先週は蕎麦屋でキュウリを買いすぎたので、沢山残っているから若布とキュウリの酢の物にして、スープを作ればはい出来上がり。やはり、オイスターソースを最後に加えるとひと味違ったコクが出る。午後はゆっくり休んで、夜のパトロールまでに仕込みの続きを終わらせよう。風は冷たいけれど快晴の空。

昼寝をするかと思ったら、このブログを書いて午後を過ごした亭主は再び蕎麦屋へ出掛ける。女将が「静かだから寝ているのかと思った」と言うのだけれど、疲れていないから、身体も頭も覚醒状態なのでした。午後の陽も傾いて、朝から始まった裏の土地の地盤改良工事も後何本かの鉄パイプを残して、もうすぐ終わりそうなのでした。ミニ菜園から春菊の新芽を摘んで、明日の天麩羅の具材は準備完了。蕎麦豆腐を仕込んで、ハヤトウリとキュウリを糠床に漬ける。

4時半には家に戻って相撲を見ながら早い夕食を終えたら、居間で亭主にまとわりつくpekoを膝に乗せながらうつらうつらと居眠り。5時半まで相撲を見たら、パトロールの服装に着替えて集会所に向かうのです。陽はとっぷりと暮れて、雲居にかかる13日の月が明るく空を照らしている。元気な親爺様たちが集まって、世間話をしながらリーダーから地域の犯罪の情報を聴く。坂道を上り下りして地域を回れば、寒いと思っていたはずの身体から汗がほとばしり出る。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常. Bookmark the permalink.