花や野菜に元気をもらって…

北から冷気がやって来て、このところ朝晩が妙に涼しい。ここぞとばかりに家のあちこちの部屋で灯油の残ったストーブを少しずつ焚いて、クリーニングをする夫婦。いくら何でも暖房器具はそろそろ掃除をして片付けなければ。お互いにあまり無理な注文をせずに好きな事をやって暮らしているから、普段と違う仕事があるときは、どちらかが始めなければ何も片付かない家の中。洗面所も汚れたら汚れたままなので、今朝はしかたなく亭主が掃除・消毒を済ませた。

新しく咲いた純白の木槿の花はみずみずしい美しさ。四種類の木槿のうちで一番最後に咲いたから、かえって初々しいのかも知れない。pekoの散歩に出掛ける朝はいつも元気をもらって目を覚ます亭主なのでした。アガパンサスの咲くお宅の前を通って蕎麦屋へ通じる階段を登ると、去年、家から持って来て、西側のフェンス沿いに植えたばかりの木槿の花が、一輪、咲き出しているではありませんか。南側のミニ菜園には野菜たちが雑草に負けずに育っている。

店の駐車場に咲く未央の柳もけっこう花の時期が長い。pekoを玄関口に待たせたまま、昨日から昆布と干し椎茸を浸けてあった大鍋を沸かして、出汁を取り始めてしまった亭主。一番出汁を取ったら、返しと合わせて明日の蕎麦汁を仕込みながら、二番出汁を沸かす。小一時間の作業だけれど、出来るときにやっておかないと、朝の仕入れと午後の期日前投票や夜の防犯パトロールで時間が制約されているから、ここはpekoには少し我慢をしてもらうのでした。

朝食には、四日間三食を食べ続けた店の残りの蕎麦を食べ、これでやっと蕎麦食から解放された亭主。ざる蕎麦、ぶっかけ蕎麦、サラダ蕎麦と手を替え品を替え、大変美味しく頂けたのは好かったのでしたが、さすがに夜食にも蕎麦を食べた晩は、客が少ないと大変なことになると、反省しきりなのです。蕎麦屋の看板を出す以上は、せめて、一日1kg以上は打たないといけないから、一桁のお客の日が続くと、家に持ち帰る蕎麦がどんどんと増える計算なのです。

早めに今朝の仕入れを終え、今日は野菜の包丁切り。ひたす食材の野菜を明日の人数分だけ包丁を打つ。昔、調理師学校で、よく、「お前たちの包丁打ちのスピードではとても金を払えない」と言われた。玉葱一つを刻むのに何分もかかっていては、何十人分の食材を用意するのに、時給に換算していくら払わなくてはいけないのかと、計算させられたのでした。確かに、自分でやってみて、早く正確に野菜を切れないと、下準備に相当な時間をかけることになる。

本当は、明日の当日にやれば済むことを、少しでも、今日のうちに済ませておきたい。朝一番で蕎麦を打ってからの数時間は、先付けから、煮物、酢の物までは盛りつけに専念したい。三種類の刺身やツマを切って盛りつけるのも、人数が多いと一人ではやはり大変です。鴨肉の塩焼きや天麩羅、蕎麦はお客が他の物を食べている間に、その場で調理するけれど、これも普段のお客の数と同じくらいの仕事量だから、やはり、段取りとスピードがものを言うのです。

ひとしきり激しく集中した後は、洗い物を済ませてまな板を消毒したら、家に帰って最後の残飯整理の昼ご飯。かき揚げの食材がそのまま残っていたので、賞味期限切れでやはり店から持ち帰ったうどんを焼きうどんにして味付けは蕎麦汁の残りと砂糖少々。それだけでは芸がないから、豚肉とキャベツを入れて、水溶き片栗粉でとろみを付ける。立派な昼の一品に仕上がって自画自賛。久しぶりに蕎麦以外の食べ物を口にして、変な話だけれど幸せな気分でした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, . Bookmark the permalink.