不安と期待と…

6月も残る一日の貸し切り営業日を残して、最後の定休日を迎えた朝はやや複雑な思い…。駅前の大型ショッピングモールがオープンしたばかりで、蕎麦屋の客足も落ちた月でもあったからです。今日は、展覧会出品前の女将のお稽古も最終日とあって、午前中の早い時間に送っていかなければならなかったので、朝の空いた時間に、南の島に送る撮影機材の点検とパッキングを済ませてしまう亭主なのでした。雨のために散歩にも行けずpekoもふて寝…。

地元農家の直売所に寄って新鮮な野菜を買い求めたその足で女将を送った後は、隣町のホームセンターで買い出しをして、団地の酒屋へ空のビールケースを持って行き、新しいケースをもらってくる。酒屋の主人も「ショッピングモールが出来て、お客の向かう方向が変わりましたよね」と言っていた。やはりどこの店でも、多少なりとも影響を受けているのかも知れない。「初めのうちだけだとは思いますけどね…」と応える亭主も人ごとではないという思いでした。

昼飯前に女将を迎えに出掛け、午後は蕎麦屋で仕込みの続き。煮物類は一日早く仕込んでおかなければ、明日の準備が大変になってしまうから、切り干し大根や高野豆腐を煮たり、鰻とオクラの寒天寄せや蕎麦豆腐、デザートの水羊羹を仕込んだりと、次々と仕事をこなす亭主なのでした。明日の朝一番で取る出汁の大鍋に水を張って昆布と干し椎茸を浸けたら、今日出来る仕事は終わり。夕刻にお袋様から電話があって、明日の仕入れに連れて行けと言う。

今週は遠くから友人が尋ねてくるからと言っていたのが、天気が悪いので中止になったのだとか。駅前のショッピングモールまでは自転車の彼女には少し距離があるので、どうも買い物に行きづらいのだと言うのでした。80歳をとうに過ぎたお袋様にとっては、2000台以上の駐車スペースがあるという新しい大型店舗もあまり役に立たないらしい。ちょっと必要な物を近所で買いたいと出掛けて行くには、店の敷地が広すぎてかえって不便なのかも知れないのでした。

いつも蕎麦粉を仕入れている農園から春蕎麦の案内が届いた。天候不順で今年は1週間ほど新蕎麦の発売開始が遅れるらしい。値段も前年の秋蕎麦に比べると少し高いので、店で出すには別に打たなければならず、料金も割り増しにしなければならないのが面倒だけれど、蕎麦好きのお客には結構人気がある。蕎麦湯も秋蕎麦とは別に作らなければならないけれど、美味しく食べてもらえれば嬉しいから、今年も申し込んでおこうかと思う。夏は蕎麦が美味い。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, . Bookmark the permalink.