引き続き暑い一日…

夜の営業で疲れた翌朝は、pekoの散歩にも行けずに朝寝をしてしまいました。朝になって蕎麦屋へ出掛けてみると、使い終わった布巾類を洗濯機に入れたままスイッチを入れて帰るのも忘れていたから、気をつけなければ。厨房のガス器具類やエアコンのスイッチ等は必ず点検をしてから帰る習慣を付けているのですが、やはり、昼の人数を亭主一人で夜もこなすには、若干、歳を取りすぎたのかも知れません。充実感溢れて気分は爽やかだったけれど…。

今朝は青空が広がって朝からまた陽射しが強く、庭の木槿が我先にと花を咲かせているのでした。以前に植えてあったコノテガシワは大きくなりすぎたので、塀を直す際に、この木を苗で購入して自分で植えたものだけれど、この木槿も本来は大きくなる木なので、毎年、剪定が大変です。一日花だから、花がらを取るのが大変だとこちらは女将の悩みです。それでも、ブーゲンビリアやハイビスカス同様に、花のない夏に元気なので世話をしてくれるから有り難い。

若い頃から長い間、選手達とプールサイドで暮らしてきたせいか、いつの間にか夏の季節が一番好きになった亭主。彼等に贈る言葉として、enjoy swimming enjoy your life と言い続けてきたから、仕事を辞めてもまだプールへ通い、海に潜り続け、夏場になると食欲も出るから不思議なもので、夏の花々には本当に元気をもらう。今朝もそのご多分に漏れず、疲れた心身を真夏の花が癒やしてくれる。それにしても、今年は少し花が早いのではないだろうか。

天気がいいのに、今日はお客が一人も来なかった。去年の開店以来、二度目の開店休業状態で、スタッフと二人で、月末の貸し切り営業の準備に追われていました。ほぼ満席での昼食会には、揃いの皿や器を用意して、全8品で格安のお値段だけれど、先付からお刺身、煮物、焼き物、酢の物、揚げ物、お蕎麦、デザートと季節の懐石風に料理をお出しする予定。いつもと違った調理が出来るのも楽しいけれど、地域の人々が集まってくださるのも有り難いこと…。

小さな店には、小さな店の良さがある。和気藹々の雰囲気で人が集まるのが一番嬉しいことかも知れない。去年はお袋様が心配して、こうした宴会時には、魚料理や洗い物をすべて手伝ってくれていたのですが、考えたら亭主のまだ幼かった時分から、我が家にはよく人が集まっていたような気がするのです。。それが自分で就職をして結婚をして、子ども達がいた頃も、月に一度はこんな風に人が集まって賑やかだった記憶がある。まさに霊犀の集いかも…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, . Bookmark the permalink.