定休日をゆっくりと過ごす方法論…

涼しい朝でした。このところ夜の11時に寝て朝の6時に起きるという生活が続いています。定休日でも同じ時間で生活しているから、身体の調子がいい。pekoと出掛ける蕎麦屋回りの散歩も、いつもと同じ時間帯。蕎麦屋で蕎麦豆腐だけ仕込んだら、朝刊をポストから取り出して家に帰るのです。ゴミ出しに出て来た近所の小母さんに「いつも早いわね」と言われて家に入れば、女将が朝食の用意をしている。今朝のおかずはナスとピーマンの味噌焼きと鰺の開き。

朝食を終えて居間で一休みをすれば、例によってpekoが膝に乗りたがる。これも彼女にとって習慣なのか。涼しい朝夕は、人間の身体が温かいから側に寄りたがるのだろうか。女将の朝ドラの始まる前に洗面と着替えを済ませて、今朝も同じ時間に家を出るのでした。今日は昼前に歯医者の予約があるから、その前に仕込みを終えておかなければならないのです。蕎麦屋に着けば、気になっていた辛味大根の間引きをして、間引いた苗も空いた場所に植えてやる。

ものの30分もかからない作業なのに、営業のある朝は時間に追われている気がして、やはり余裕がないのです。コーヒーが切れたので一服も出来ずに、今朝は、早速、ブロッコリーとアスパラを茹でることから始める。反対側のレンジでは大鍋に湯を沸かして、小松菜を茹でて冷凍をしておく。カボチャを切って電子レンジに掛けて、生椎茸、ピーマン、ナスの順番で天麩羅の具材を切りわける。酸化しやすいナスを最後にしてラップで密閉したら冷蔵庫で保存する。

次に、掻き揚げ用の玉葱を刻んで水にさらし、三ツ葉を切って同じようにラップでくるむ。彩りのニンジンは、明日の野菜サラダの千切りの残りを使うのです。そして気分転換に、庭に出てミニ菜園から春菊の若芽を摘んでくる。間引かずにびっしりと生えそろったところから、先端の柔らかい部分だけを1日分ずつ切って天麩羅にするのです。新芽は切ってもまた生えてくるから長く使える。思ったよりも早く仕込みが終わったから、10時前にはプールへ出掛けられた。

入口の係の女性に聞けば、午前中のプールはいつも混んでいるらしく、今日も続けて泳ぐコースには10人ほどが泳いでいたのです。準備運動を終えて隙間を見つけて泳ぎ始めれば、さすがにすぐ前の人に追いついてしまう。みんな25mを泳ぐと一度立ち止まるから、500mはノンストップの亭主は次々と追い抜いて泳がなければならない。右側が追い抜きコースということに掲示板ではなっているけれど、半数はコースの真ん中を泳いでいるから仕方のないことです。

あまり邪魔になってもいけないから、30分ほどでプールを出て、少し早いけれど予約してある歯医者に向かう。待合室でゆっくりと休憩をして、自分の名前が呼ばれる頃には全身の汗も引っ込んだ。今日は上あごの歯のクリーニング。いつも担当の女性が名前を言うのだけれど、その名を覚えていたためしがない。歯並びが好いとか、好く磨けているとか、煽(おだ)てられながら処置を受け、この間よりも時間がかかったのは、女性の口数が多いからに違いない。

「半年後に定期検診の案内を差し上げます」と言われて家に戻れば、女将が炒飯の野菜を刻んで野菜スープを作って、亭主の帰りを待ってくれていました。午前中にぎゅっと予定を消化したので、午後はごろりと横になって昼寝を決め込む亭主。これぞ定休日のあり方かと、心が伸び伸びとする思い。何もする事がないから、ずるずると午後まで蕎麦屋に出掛けて仕込みをしてしまうのかしら。予定があれば時間を見ながら素早くこなすので、気持ちは随分と楽になる。

今日最後の予定は、午後の6時からの防犯パトロール。集合時間の30分前には集会所に出掛けて、拍子木や懐中電灯の準備を手伝う。皆さん亭主よりも年上の方たちばかりだから、話を聞いているだけでも勉強になるのです。皆で夜道を歩きながら、世界の情勢やら地域の問題についての意見を聞かせてもらえば、狭い亭主の見識も少しは広まるというもの。学識も経験もあるこうした御隠居たちの知見は、どれだけ社会に生かされているのかと思うのでした。

This entry was posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 日常. Bookmark the permalink.