菊の秋…

何の手入れもしないのに、今年もまた庭の菊の花が咲いた。あまり背丈が伸びると切って通り歩きの邪魔にならないようにしているけれど、随分と息の長い花です。女将は切って仏壇に供えるけれど、確かこれは食用菊として植えたのではなかったか。亭主の植える植物はだいたい食べられる物だから間違いがないとは思うのだけれど、遠い記憶なのでした。pekoと出掛ける蕎麦屋回りの散歩では、亭主が店に入って昨日の洗い物の片付けをして洗濯物を干す。

ヤマボウシの綺麗に紅葉したお宅は、いつも整然と掃除がされている。今朝も女将と二人で朝食を終えて、朝ドラの始まる時間に亭主は今度は車で蕎麦屋へ出掛ける。お袋様と一緒に仕入に行く前に、出汁取りの準備をしておくのです。隣町のスーパーはまだ品物が全部出し終えていないらしく、ちょっと不満の残る仕入れなのでした。野菜や他の食材を冷蔵庫に収納したら、午前中に出来る仕込みを終わらせておく。カボチャの従姉妹煮と大根と柚子の麹漬け。

女将がスポーツクラブから帰るのを待って、亭主が昼のカレー炒飯を作る。野菜は昨日の蕎麦屋の残りもの。掻き揚げ用に玉葱と人参と三つ葉を切ってあるものを、肉と一緒に中華鍋で炒めるだけだから楽ちんで、仕上げにオイスターソースを入れるのを忘れない。午後は蕎麦屋で出汁を取り、蕎麦汁と天つゆとを仕込んだら、予定通りプールへ出掛けてひと泳ぎ。身体の疲れが取れたのかいつもより距離が伸びた。天窓から見える青空と夕陽がとても綺麗でした。

一種目を100m単位で四種目で400m泳ぎ、最後の100mは水を掴む練習にスカーリングとフォーム矯正のためにドルフィンキックで自由形を泳ぐのが亭主の練習パターン。久し振りの今日は500mをゆっくりと泳いで15分ほどだったから、身体が軽いと感じるのでした。前を泳ぐ人たちを何度も追い越すのが申し訳ないから、いつも途中で水から上がってしまうのです。涼しくなってきたから汗もかかないので、体力増強のためにもう少し我慢して泳ぎたいところ。

帰りにいつものコンビニに寄って、煙草と酒とつまみを買って帰る。「焼酎を炭酸で割って飲むと美味しいのを発見したよ」「飲み屋の小父さんに教わったんだけれど…」「僕も飲み屋、いや蕎麦屋の親爺だから…」「何処の蕎麦屋?」と、顔見知りのお姉さんとの何気ない会話が楽しい。家に戻ればまだ夕食までには時間があったから、通りを掃いていた女将に「少し庭木の枝を切ってやろうか」と、お隣との境にある雪柳や連翹や紫陽花の枝を切り落としてやるのです。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 日常, . Bookmark the permalink.