今日も休む暇もなく…

昨夜の渋谷駅前は、ハロウィン前の週末とあってもの凄い人だかりだった。警察官や消防隊員も動員されて、仮装をした日本の若者だけではなく、派手なペイントを塗った外国人の若者たちも身動きの取れないほど大勢い集まっていたから、亭主も交差点を渡るのに前代未聞の大奮闘。完璧に時代に取り残された老人のもがきという感じで、無事に電車に乗って団地の駅に着いたのはもう0時前なのでした。都会に住む人々の生活とはかけ離れた日常に戻る。

pekoの朝の散歩には間に合わなかったけれど、いつもの時刻に朝食を終え、蕎麦屋へ出掛けて朝のコーヒーを飲むのでした。今週は明日の月曜日一日の営業だったけれど、今日のうちに仕入れと仕込みをしなければならなかったので、取りあえず昆布と干し椎茸を入れた鍋にお湯を入れて、午後から出汁取りと蕎麦汁を仕込む予定でした。買い出しには久し振りに女将と出かけて、家で使う食材も購入し、魚屋スーパーで昼食に珍しく鮨を買って帰ったのでした。

車の車検の予約をするのを忘れていたから、ディーラーに電話をして代車の手配のつく日にちを選定してもらった。昼前にもう一度蕎麦屋へ出掛け、今日仕入れた野菜類を並べてみる。二杯目のコーヒーを飲みながら、明日の小鉢やデザートには何を作ろうかと考える。残っても2日間の定休日を夾むから、次の営業日には使えないのです。向かいの畑では、干してあった落花生を息子さんがトラックに積み込む作業を始めていた。これが亭主の日常風景なのです。

仕入れて来た野菜を冷蔵庫に収納して、生椎茸はパックから取り出してストレスのないように袋に入れておく。ブロッコリーやアスパラを茹でて容器に入れる。カボチャを切りわけて天麩羅の具材を仕込んでおく。蕎麦豆腐を仕込んで冷蔵庫で固める。たった一日の営業なのに、定休日明けの仕込みと全く同じだから、いかに非効率的かが分かる。それでも、長い間、臨時休業にさせてもらったから、普段と同じように準備をしておかなければと思うのが好いところか。

最後に明日の分の天麩羅の具材の他の野菜を切りわけて容器ごとラップでくるんで冷蔵庫に入れる。これで、午前中の仕込みが終わり、午後は出汁を取って小鉢の食材の仕込みだけで好さそう。明日も暖かいと言うから、デザートも今日のうちに仕込める抹茶小豆か何かにした方が好いかも知れない。明朝は米を研いでご飯を炊かなければならないし、蕎麦は一日の営業でもやはり二回打った方が好いでしょう。果たして、どれだけお客が来るかは分からない。

昼は本当に久し振りに女将と二人で鮨を食う。石垣島で宿の奥様の沖縄料理を堪能して、後半は夜に焼き肉やイタリアン。昨日のクラス会は中華料理だったから、たまには違うものを食べたいと亭主が言い出したのでした。帰りの空港で蕎麦を食べたけれど、やっぱり蕎麦が自慢の蕎麦屋だから、明日は自分で打った蕎麦を食べられるかも知れない。同じ物では飽きてしまうのが人間の我が儘。昼があっさりだったから、今夜の食材は任せてもらうことにした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 日常. Bookmark the permalink.