秋晴れ、お蕎麦は完売…

pekoの散歩で蕎麦屋まで行って、米を研いで炊飯器にかける。大釜に水を張りながら、コーヒーを入れて一服すれば、日の出が随分と遅くなっているのに気が付いた。6時40分頃だったろうか、東側の森の向こうから昇る太陽は、夏の時期はずっと北側の森から昇っていたのに。家に戻って朝食を済ませたpekoは、いつになく元気で、蕎麦屋に出掛ける亭主を居間のテーブルの上で、小母さん座りをしながら見送るのでした。ひんやりとした朝は上着が必要でした。

月曜日一日の営業でも、昼の蕎麦は15食近くは用意しないといけないから、今朝も蕎麦打ちは二回。疲れた身体を引きずるように蕎麦打ち室に入れば、不思議なことに背筋がしゃんとして気合いが入るのでした。室温は17℃、湿度は60%だから、冬に向かっていよいよ加水率は42%にするのです。切りべら29本で130g前後の仕上がり。まるまる一週間、蕎麦を打たなくても身体が覚えているのでした。14食強の蕎麦を仕上げて、早速、厨房に入る亭主なのでした。

まずは薬味の葱切りをして、野菜サラダの具材を刻む。その間にスタッフが大根を卸して生姜を擦る。小鉢を持っている間に、亭主はデザートの抹茶小豆を切りわけて小皿に盛り付けておく。大釜のお湯が沸いたら、蕎麦茶と蕎麦湯や温かい蕎麦の器を温める湯をポットに入れて、天麩羅鍋に油を入れ、天つゆを温めたら、開店準備は整うのです。奥座敷で一服したら、いよいよ営業の開始。昼前に年配の女性二人がご来店で、天丼とせいろ蕎麦のセットをご注文。

今日はご新規のお客様が多く、若い女性の二人連れや若いご夫婦の二人連れが、次々といらっして、駐車場は直ぐに満杯になりました。皆さんそれぞれお連れの方と会話をしているので、亭主はひたすら調理をするから、今日は配膳の時間も早かったのです。若い職人風の男性二人は作業道具を積んだバンでご来店で、親子丼とせいろ蕎麦のセットが二つ。天麩羅の鍋を火口からおろし、同時に二つの親子丼を作る。仕事の二人はさすがに食べるのも早い。

昼に炊いたばかりの釜のご飯が、12時半にはすべて空になったから珍しい。幸いにもその後は、天せいろばかりが出たから好かったのです。最初にいらっした小母さん二人はまだテーブル席を占領している。それでも、満席の看板を出すほどでもなく、入れ替わりお客は来るので助かりました。1時半に最後のお客が帰られたので、お蕎麦売り切れの看板を出す。残り2食分の蕎麦は、ラストオーダーの時間が来たところで、暖簾をしまってから、スタッフと食べる。

定休日前の一日限りの営業にしては、平日なのに随分とよく売れたから好かった。2時過ぎに女将が残った食材を取りに来てくれたけれど、さすがに今日はあまり持ち帰るものがない。秋晴れの気持ちの好い一日でした。亭主は3時半から眼科と歯科医に予約を入れていたから、家に戻って今日の売り上げデータと写真をパソコンに入力したところで、車を出して出掛けるのでした。4時から始まる地域のデーパトロールは、珍しく女将が替わって出てくれたのです。

それにしても、昨日一日で仕入れと仕込みが出来たのだから、毎週の二日ある定休日もこんな具合に能率的にこなせば、一日は丸々休むこともできるのではないかと反省をしたのです。だらだらとやっているから二日間の休みを有効に使えていない。まだまだ改善するべき点は沢山あるのだろうと改めて考えるのでした。今朝は残っていた疲れも、昼の蕎麦屋の仕事で何処かに忘れていたけれど、一日が終わる頃になってどっと腰に来た。明日はお袋様と仕入れ。

火曜、水曜と少しずつ時間を作って、定休日には続けてプールへ泳ぎに行こうか。体力作りも今の亭主には必要なことのような気がするのです。水曜日はまた夜の防犯パトロールで5kmの夜回りだけれど、もう少し積極的に身体を動かした方が好いのかも知れない。次の営業日はもう11月になるというのに、月日の移り変わりが早いと思うばかりで、ただ日々の忙しさに流されているのは好くない。ダイビングの遠征から帰って、何か生活の転換をしたいところです。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.