帰路に就く長かった一日…

昨夜も宿泊客は私一人だったので、前日の約束通り奥様が「今夜も出掛けますか」と聞きに来てくれた。酒の肴だけしか食べない夜の食事を、わざわざ厨房で作ってもらうのも気が引けるから、疲れているところを「お願いします」と応えたのでしたが、ダイビングの客を送って帰った船長は、とんぼ返りでまた運転手を務めてくれました。夕刻の食事場所は寂しい野中の一軒家で、締めにラーメンが食べられるイタリアンのお店。最初の一皿目で人気の程が分かった。

今朝は未明から起き出して帰りの荷造りを始める亭主。朝風呂に入ってから、昨日までのブログの本分を記入してまた一眠りする。今日はサンゴ礁の外海も波が高そうで、天候は荒れ模様だったから、ダイバーたちは難儀だと思った。昨日までの晴天と穏やかな海況は嘘のようでつくづく自分は運に恵まれていたと、誰にともなく感謝するのでした。昨日一緒に潜った若いアメリカ人夫婦たちが、海に出発する前に海メロに集合したので、最後の別れをするのでした。

空港まで奥様に送ってもらい、定刻の飛行機に乗って一路羽田へと向かう。今日は夕刻から渋谷で高校時代のクラス会があると言うので、40年以上も続けて参加してきたから参加の返事をしておいた。しかし、時間が中途半端だったから一度家に帰ることも出来ずに、遅い昼に空港で軽く蕎麦を食べて、そのまま渋谷へ向かうのでした。ハロウィン前の道玄坂は沢山の人でごった返していたけれど、無事に会場を見つけて時計を見ればまだ2時間も時間がある。

仕方がないので、少しゆっくりと休みたいと、隣にあった映画館に入ってゆっくりと寛いだのです。少しは眠れるかと思ったら、大画面のスクリーンは明るいし、邦画だったからどうしてもストーリーを追ってしまう。クラス会の始まる少し前に映画館を出て、会場の中華料理店に入っていくのでした。広い店内には、年配のグループが集まって会食をしていました。自分たちの会場は別室で、懐かしい顔ぶれが半分ほど集まっていたのでした。一年ぶりの再会でした。

こんなに長く続いているクラス会というのも珍しい。みんな毎年参加するから、顔を出さないと何処か身体でも悪いのではないかということになる。自分の外見はしみじみと眺めたことがないから、他のみんなが去年にも増して随分と歳を取ったように見える。宴もたけなわを過ぎた頃に、輪番の幹事の指示で近況報告が始まる。定年を迎えた話や、孫の話、夫婦で旅行に行った話など、ありふれた事だけれど、それがみんなの現在なのでした。二次会まで参加。

This entry was posted in ダイビング, 日常. Bookmark the permalink.