最終日も最高の海の状況で…

朝、目覚めたらもう全開の快晴だと分かる明るさで、海もべた凪だった。日の出は午前7時前。船長は早くから街に泊まっているお客たちを迎えに行く。今日はまた新しいダイバーたちと一緒に船に乗る。初心者はいないらしいから、今日はまた違ったポイントに連れて行ってもらえそうなので楽しみだった。昨日、一緒だった静岡の女性も、亭主と同じく今日が最終日だと言う。定刻よりも早く準備を終え、9時前には港を出発するのでした。スタッフを入れて総勢8名。

1本目のポイントは、若いサンゴがとても綺麗な丘の続く風景で、水が澄んでいたから遠くまで見渡せるのが素敵なのでした。深さもあるから魚の群れも型が大きくなって、ウメイロモドキやグルクンの大群が回遊しているのには大喜び。岩陰に隠れて、じっとこちらに向かってくるのを待つ亭主。小魚よりもスピードがあるから、これもなかなかカメラに収めるのが難しいのです。追いかけてしまうと、後ろ姿しか撮る事が出来ないので、何とか正面か脇から狙いたいところ。

カメラ派のダイバーが多い海メロだから、船長も亭主の動きをよく見ていてくれる。ただどんどん海の中を進んでいくようなガイドの仕方では、じっくりと写真は撮れないのです。こちらも皆がどのように動いているのかと気にしながら、他のダイバーたちのタンクのエアーが昇る岩場の向こうまですぐに追いつくのです。透明度の好い海だからこそ出来ることではある。ただ、以前と違ってフィンキックが随分と疲れるように感じる。やはり年齢と共に体力が落ちてきたか。

2本目はカメの住む丘を探索する。サンゴは台風か何かでかなり壊れたがラバだったけれど、幾つもの丘陵を巡ってカメが休んでいそうな場所を見つけていくのですが、これは普通のダイバーではなかなか見つけることが出来ない。船長の指さす方角を見れば、遠くになにやらカメらしい影が見えてくる。視力の良さもあるのでしょうが、やはり経験でしょうか。皆でカメの周りを遠くから囲んでじっと眺めているのです。7匹ほどのカメを見つけて船に戻ったら昼食です。

昼食の時間は、またダイバーたちの会話も弾み、お互いを紹介し合う。自分の子供たちの年齢のアメリカ人カップルに話しかけられた亭主。流暢な日本語で、アメリカの大学の学生募集の仕事をしていると言うから驚いた。ダイビングのインストラクターの資格も持って自分でショップもやっていたという話でした。外国のダイバーが決まって聞くのは、世界はどこを潜ったかという話で、どこが好かったかというから、結局は、歳を取ったら沖縄が好いと応えるのでした。

最終日の最終ダイビングは、マンタのポイントへ連れて行ってくれた。一度に5隻しか入れない決まりだと言うそのエリアには、沢山の船が順番待ちをしている。船長の後について、深い海底の渓谷を縫って進めば、マンタが旋回するステーションに到着しましたが、今日は現れる方向が違うらしくて、遠くに2匹の影が見えたかと思ったら、今度はいきなり私たちの真ん前に現れたのでした。何匹も繰り返し旋回して、間近でカメラのシャッターを切ることが出来ました。

あっという間に時間が過ぎて、ボンベの空気の残圧も残り少なく、船に帰る時刻になりました。皆が感動した表情で船に上がるのでした。久しぶりにマンタのポイント潜って、今回も沢山のマンタを見られたのはラッキーなダイビング。天気も良かったし、海況も穏やかで、毎日楽しく海に出られたのは、幸せなことでした。ショップに戻ってまた皆でビールで乾杯。また、お会いしましょうと言って皆はそれぞれの宿に帰っていく。今夜も亭主一人が泊まり客なのでした。

This entry was posted in ダイビング. Bookmark the permalink.