心静かな一日…

さわやかな目覚め、さわやかな朝です。朝食の前に宿の周りを歩いて、木々を渡り飛び交う鳥たちの声を聞く。朝日を浴びながら奥様の用意する朝食は、白のプレートに色鮮やかな一品。三種類のパンも多すぎずに亭主にはちょうどいい量なのでした。今日のダイビングは珍しくお客が多いらしく、飛行機で到着するお客と一緒に2本目から潜ればいいと船長に言われて、10時過ぎまで海を眺めてのんびりと過ごすことが出来ました。これぞ、癒やしのひと時なのです。

やはり家にいれば定休日の二日目も蕎麦屋へ出掛けて、翌日の仕込みをしているだろうから、常に時間に追われて暮らしているのかも知れない。それも日々の生活には大切なことなのだろうけれど、休みなしの毎日では徐々に疲れはたまってくるから、家を離れて南の島に来るのも一つのストレス解消なのだと考えている。10時半に到着した新しいお客と共に港に向けて出発。今日は自分の子供たちよりも若そうな若い女性のダイバーたちばかりで、賑やかです。

海の中も、相変わらずの魚たちの群れでやはり賑わっていました。サンゴの綺麗なポイントで、ゆっくりと海中の景色を堪能したら、船に上がって皆でお昼を食べる。スタッフの女性も朝から潜っている女性も、長い間に海メロに通って顔見知りの人たちです。新しいお客たちともすぐに打ち解けて話をするようになるから楽しいのです。水族館の飼育係や看護師、ホテルのエステシャンなど、働く女性たちは皆さん生気に満ちあふれているから、こちらも元気をもらう。

一日のダイビングを終えて港に帰れば、身体はまったりと心地よい疲れで、宿に戻って部屋の風呂に入って生ビールを一杯いただく。午後の伊原間湾の景色がまた素晴らしく、サンゴの海の独特な青さが心を和ませるのでした。ダイブコンピュータを見ながらログブックをつけたら、今日撮った写真の整理を始める亭主。夕食までの2時間を、部屋のベッドに横になりなって、写真をノートパソコンに取り込みながら、ウトウトと昼寝をするひと時もまた心地よいのです。

風は終日東北東から吹いて、気温29℃とはいってもさわやかな暑さ。水温は26℃と長く潜ってもストレスがない。10年以上もこの島に通って、晴天に恵まれるのは半分ほどだろうか、島内に住んで仕事に就いているという女性たちは、天気好い日を選んで潜りに来るのだと言うから羨ましい限り。でも、台風の多かった今年の秋は、次の台風がやって来るまでの間の、絶好のダイビング日和に恵まれたのかも知れぬ。明日はどのポイントに連れて行ってもらえるのか。

夕食は例によって先付けの三点盛りが用意されて、亭主は泡盛の炭酸割りにシーカーサーを絞って一献。同宿の若者もラウンジに降りてきて、今日は竹富島を観光してきたと言う。外国人が多かったと言うから、日本全国で海外からの客が増えているらしい。昼間の海で見慣れない魚の写真を撮ったので、船長に尋ねるとノドグロベラだと教えてくれた。体型からベラの仲間だろうとは思っていたけど、全身に黄色い経帷子を纏ったような姿には驚かされたのです。

今宵は十四日の月か。向かいのハンナ岳から登って雲間を進む。時間が経つにつれて雲がなくなって月の光がやけに明るい晩なのでした。星の綺麗なこの島の夜空も、今夜ばかりは月の光に星たちがかき消えて、カシオペアだけがくっきりと見えていました。静かな夜です。サンゴ礁に囲まれた島の海岸線は、打ち寄せる波の音は聞こえずに、ただ海沿いの森を渡る風の音が聞こえてくるだけです。夕刻に女将に電話をしたら、佐倉も明日は天気が好いらしい…。

This entry was posted in ダイビング, 料理, 星・月. Bookmark the permalink.