南の島へ…

昨日は蕎麦屋の営業を終えてから夕刻までに、出発前に心配を払拭しておこうと三軒の医者を回ったけれど、心配なのは右手の化膿した親指の痛みだけで、眼科でも治ってきていると言うことだったし、歯医者では虫歯も歯周病も何もないという診断でした。疲れたときに歯の痛みを感じるらしく、「あなたの歯はしっかりしていて健康です」と言われてほっとした。今朝は早くからpekoeの散歩に蕎麦屋へ出掛け、昨日の片付けと洗濯物を干して、家に戻って朝食に。

飛行機の時間は午後からだから、朝一番で床屋へ出掛けてゆっくりと親父様と話をしながら散髪をしてもらったのです。女将がスポーツクラブに出掛ける前に家を出て、特急を乗り換えて羽田までの直通電車に乗れば、随分早く着いたから便利になったものです。チェックインカウンターで搭乗手続きを済ませて、昼飯を食べようとしたら、昼時だからどこも人で一杯だったけれど、ラーメンとカツカレーのある店を見つけ、腰を下ろして腹ごしらえをする事が出来ました。

満腹になったら急に眠気に襲われて、離陸したのにも気づかずに、目的の石垣島までの3時間あまりを、ほとんどをぐっすりと眠っていた亭主。空港には船長が迎えに来てくれていて、5ヶ月ぶりの懐かしの宿に到着すれば、今度は奥様が出迎えてくれるのでした。6時を過ぎてもまだ明るいから、夕食までのひとときを伊原間湾に昇る月を眺めながらゆっくりとするのです。女将に電話をすれば佐倉は寒いくらいだと言うから、半袖に半ズボン姿の亭主は幸せな気分。

夕食は例によってフルコースだから、付け出しの三点盛りで泡盛の炭酸割りにシーカーサーを絞って一献。イカの刺身にかかっていた辛子味噌が美味しいと言ったら、お土産に売っていると言うから、早速、予約をしておくのでした。山盛りのサラダを食べると、煮物・焼き物と続くのですが、赤いヒメフエダイの煮物は関東辺りで言えば、沖メバル食感だろうかこれがとても美味しい。量を控える亭主には、一番小さなものをと出されたけれど、食べ応えがありました。

続けて石垣牛のソテーが出たところで、ちょっと考えたけれど、ニンニクバターの香りに誘われてつい食べ過ぎる。締めは島蕎麦だから是非食べなければと、さすがにデザートのアイスはノーサンキューなのでした。食後のコーヒーを飲みながら、また月を眺めて一服する。明日はダイバーが多いと言うことでしたが、船長の計らいで2本目からの参加で好いと言うことになり、部屋に戻って撮影機材のセッティング。初日はやはり緊張するから、今夜も早く休もう。

This entry was posted in ダイビング, 日常. Bookmark the permalink.