快晴の続く喜び…

夜はぐっすり眠って目覚める朝。日の出は関東よりも1時間は遅いから、ちょっと戸惑うのです。今日の朝食は純粋な和食で、普段の亭主の朝よりもボリュームがあるから大変。今朝は、食事が終わったらすぐにダイビングに出掛ける支度を始めて、船に同乗する他のお客の到着を待つのでした。迎えに行った船長の車が到着すると、早速、器材を車に載せて、港への出発を待つのです。「お久しぶりです」と、到着した女性客が亭主に声をかけるから、びっくりする。

昨日もそうだったのですが、長年、同じショップに通っていると、いつか一緒に潜ったという人は結構多いもの。それだけリピーターのお客が多いと言うことなのか。ところが、声をかけられた当の亭主は、挨拶こそ返すものの、いっこうに誰だったか思い出せないでいるから困るのです。「年を取ると反応が遅いからね」と言って、しばらく話を聞いているうちに、ああそうだったと思い出してくる。今日のお客は岩手・静岡・福岡からそれぞれやって来たと言うから全国的だ。

体験ダイビングや初心者の人もいるから、浅場でじっくりと写真を撮る事が出来た。キンメモドキの群れやカクレクマノミなど、小さな魚たちが被写体だけれど、角度を決めてシャッターを切る瞬間を待つのがわくわくする時なのです。動き回るし、じっとしていないのが彼らの習性だから、なかなかチャンスが到来しないのです。かといって、クマノミはイソギンチャクの中に隠れてしまうし、待っている間に移動してしまう魚もいるから、気長に待てばいいというわけではない。

クマノミの親子が揃って顔を出すその瞬間を待ち受けるのです。1時間足らずの水中での撮影を終了したら、船に戻って休憩をする。ダイバーたちの会話が始まるのはこのひと時で、旧知の友達のように話をするから面白い。今朝方、声をかけられた女性の記憶も少しずつ戻って、去年の同じ時期に、海メロで一緒に潜った事を思い出すのでした。天気がいいので海から上がっても寒くはないのが何よりなのです。船長が船を移動して次のポイントに向かうのでした。

サンゴの綺麗なこのポイントでは、キンギョハナダイやスズメダイなどの沢山の小魚たちが群れ遊ぶ。この小魚の群れを撮るのもまた一苦労。遠景では魚の顔つきが見えないし、近くで撮ろうにも、気ぜわしく動き回るからぴたっとピントを合わせるのが難しい。やはり、じっと岩にへばりついて、その瞬間を待つしかないのです。あの群れがこちらに動いて、あの魚が画角の中央に来るその時がチャンス…。などと思いながら、じっとカメラを持って身構えているのです。

一日のダイビングが終わって、やっと宿に戻るのは遅い午後。器材を洗って、シャワーを浴びたら、普段はビールを飲まない亭主も、他のダイバーと一緒になって生ビールのジョッキを傾けるのが最近の楽しみ。船長の解説を聞きながら皆でログブックをつける。テラスの長椅子に寝そべって伊原間湾を眺める。今日から、宿は亭主一人になるというので、奥様に言って船長と三人で街に出掛けて食事をしようと言うことになり、ホルモン焼きの美味しい店に出掛ける。

This entry was posted in ダイビング. Bookmark the permalink.