医者を三軒ハシゴした午後…

季節外れの真紅のバラがまた咲いている玄関前。最近はこの時期に水仙の芽がびっしりと生えて今にも花を咲かせそうで、今年は一体どうしたわけか。6日間の臨時休業を前に、今日は最後の営業日だからと、昨夜もぐっすりと眠って元気に家を出る亭主なのでした。心配なのは歯の痛みと右手の親指の化膿痛、そして先日来の左目の湿疹と、出発前になっていろいろと疲れが溜まっていることです。今日のうちに眼科と皮膚科と歯科とに通えるものなのだろうか。

今朝も珈琲を一杯飲んだら早速蕎麦打ちにとりかかるのです。昨日の蕎麦と合わせて、今朝は14食強の蕎麦を用意して営業を始める。糠床から夕べ漬けてておいたキュウリとナスを取り出して小鉢に盛り付け、野菜サラダの具材を刻んで皿に盛りつけが終わったら、まだ開店前だったけれど、今日は随分と早くから駐車場にお客がやって来た。中に入って注文を聞けば、お婆様と娘らしい女性が先日いらっして美味しかったからと、今日はご亭主を連れてご来店。

全員がヘルシーランチセットのご注文で、野菜サラダがもう売り切れる。開店時刻前なのにもう次のご夫婦らしいお客がいらっしてカウンターに座る。暖簾はまだ出していないのに、今日は開店前から大賑わいなのか。と思ったら、その後はぱったり客足が途絶えて、12時半を過ぎた頃からまた混み出したのです。蕎麦はまだ残っていたのだけれど、さすがに明日の準備もあるので、1時半になったら「お蕎麦売り切れ」の看板を出して、帰り支度を始めるのでした。

一週間近くも店を休むから、冷蔵庫の中はすっかり綺麗に片付けなければならないし、お客は多くても少なくても、定休日前の後片付けは時間がかかるのです。亭主は、残った天麩羅の具材をどんどんと揚げて、スタッフが持ち帰り用の入れ物に綺麗に並べて詰める。今日はお隣の奥さんに朝のうちに言ってあったから、夕食用に蕎麦と天麩羅をご家族分のお裾分け。ついでに使い切れなかった食材をもらって頂いた。女将が我が家の分の持ち帰りの分を取りに来る。

家に戻った亭主は、早速、かかりつけの眼科に出掛けて行くが、診療時間が変わったらしくまたしても休診。同じ建物にある歯医者も休診。八方ふさがりの気分で、駅前の高層マンションにある皮膚科に行けば、午後は予約が必要という掲示。入口の扉の前で電話をする。受診が終われば、保険証の期限が切れてると言われ、家に新しいものを取りに戻る。ついでに隣の眼科に行って、その隣の歯科医まで上手い具合に回れたのです。夕刻には家に戻れました。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.