魔の金曜日…

鉢植えにしてあるうちわサボテンの花が開いてきました。淡い黄色が素敵なので、写真に撮っておきました。地植えのものよりは花が遅かったけれど、水遣りを忘れても決して枯れたりしないから、本当に強い植物なのです。何時もの朝よりは遅いけれど、6時にはpekoの散歩に出て、蕎麦屋で一仕事。朝の収穫が楽しみな季節です。今朝はキュウリとナスとピーマン少々。毎日よく見ていないと、大きくなりすぎてしまって困惑することも。新鮮な野菜が何よりの日々。

散歩から帰ると、自宅の塀際の木槿が一斉に花を咲かせているのに気が付いてびっくり。昨日は蕾さえも見えなかったような気がしていたのに。いつの間にこんなに咲いたのだろう。こちらもよく見ていないとその成長の早さに気が付かないのでしょう。遠い昔を考えたら、小さな子どもの成長も、こんな驚きの連続だったのかも知れない。いや、年老いた大人でさえ、毎日の積み重ねである日突然に開花するようなことがあるのかも知れないと、密かに期待をする。

散歩を終えたpekoはやはり湿度が高いからか、回転椅子の肘掛けに乗ってぐたっとしているばかりなのです。狭い肘掛けから後ろ足がぽろんと落ちても一向に気にする気配もない。眠気の覚めないのはこちらも同じだけれど、人間様は隠居でもこれから蕎麦屋の仕事に出掛けなければならない。それが好いのか悪いのか、そのお蔭で寿命が延びるのか縮まるのか、女将が朝ドラに夢中になる間に家を出て、ぶらぶらと何百メートルかの道のりを歩いて行くのです。

今朝も朝取りのキュウリと紫蘇の葉を梅和えにして小鉢を作る。数の少なかった今日のお客も言っていたけれど、「この時期は梅じその香りがさっぱりとして美味しい」。考えてみたら、今月に入ってからというもの、金曜日はいつも数人のお客しかいないのが常。いつの間にか、魔の金曜日と思えるようになってきたから不思議です。それに対して木曜日は毎週土日並みの混雑で、月曜日は多かったり少なかったりなのに、金曜だけは天候にかかわらずお客がいない。

それでも、今朝も生舟一杯の蕎麦を打ち、しっとりと仕上がって満足げな亭主。130gで11人分を仕上げて、昨日の午後に打った5人分と合わせて16人分の蕎麦を用意してお客を待つのでした。同じ二八でも小麦粉の成分配合を工夫したので、多少コシが出て寝かせればよりつなぎが効いて美味しく感じられるのでした。毎日、打った蕎麦の端切れ部分を茹でて試食してみるのだけれど、かなりいい仕上がりで、短く切れてしまわないのが新しい発見。これはいける…。

最近、駒板の押さえが不十分なのか、包丁の切れ味が落ちたのか、包丁切りの際にたまにぐにゃっと中程で太さが違ってしまうという事態に陥ることがある。まずは蕎麦包丁を研いでみるべきか。それとも、駒板そのものを江戸式のものに替えた方が無難だろうか。昔、ホームセンターか何処かで家庭用の蕎麦打ち道具のコーナーで買った物だから、ちょっと使いづらいとは思っていたのです。伸し棒と同じで、ちゃんとした蕎麦道具屋で選ぶ時期なのかも知れない。

夜のプールで泳いだ後は、蕎麦屋へ寄って明日の漬け物を漬けてくる。この時期は、糠床に漬けておく時間は約10時間。キュウリの梅じそ和えも捨てがたいけれど、野菜は新鮮なうちに浸けた方が美味しい。今日は野菜サラダが全く出なかったので、家に持ち帰った。やはり、ランチセットのメニューは真剣に考えた方がいいのかも知れない。ただ、余分に作ると無駄が出るので、限定何食でサラダと蕎麦豆腐とデザートでも付けたら、案外、売れるかも知れない。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.