雨の日もお蕎麦売り切れで…

気温はそれほど上がらないのに、湿気のひどい一日でした。かなり雨の降っていた朝方の天候も少ずつ回復して、遅い午後からは陽の差す場面もありました。それでも、お客はいる時間帯にはまだ雨模様。それなのに今日は、1時前には用意した蕎麦が売り切れました。時間が早すぎるので、次のお客が来る前に蕎麦打ち室に入って追い打ちをかける亭主。量は少しでいいので、20分あまりで、5~6人分だけを追加しておいたのです。これも初めての経験です。

不思議なことに、定休日の明ける木曜は、このところ連続して土日並みに混む日となっています。それでも今日は雨降りだからと、蕎麦も生舟に一箱しか打たなかったのが、良かったのか悪かったのか。ジメジメと蒸し暑い陽気なので、今朝は小鉢に庭で採れた新鮮な胡瓜と紫蘇の葉を刻んで、梅を叩いてさっぱりとした梅じそ和えを作ってみました。デザートには、瓢箪型にくり抜いた水羊羹と近ごろ出回っているメロンの型抜きを添えて、雰囲気を変えてみました。

自分たちで食べてみるとやはり美味しいと感じる蕎麦豆腐も、最近はあまり出ないから、一度に作る量を減らしてみました。酒の肴として山葵を乗せてちびりちびりと食べるのが美味しいのだけれど、霊犀亭の蕎麦の量が、普通の女性などには少し多いから、別に注文するとなると敬遠されるのでは、と言うのが女将の意見。天せいろも最近は隠元を添えたり、「きのこと野菜四品に海老」というメニューよりも品数が増えている。今日のランチメニューでも作ろうか…。

サラダも蕎麦豆腐もデザートも少量にして、毎日、変わるセットメニューで1500円以下で出したら、案外、注文するお客がいるのかも知れない。今日も、リピーターのお客が冷やしたぬきを完食した後でデザートを頼みながら、「アイスコーヒーも飲みたいけれど、お腹が一杯で…」と次の機会にするとおっしゃっていました。天せいろを完食して、アイスコーヒーを頼まれた3人さんもデザートまでは注文しなかった。雨の日にもかかわらず来て下さるのが常連さんなのか。

冷やしたぬき蕎麦には揚げ玉、キュウリ、大根おろしにワカメとトマトを添えてお出ししているのですが、昨日のトマトの飾り切りを、早速、試してみました。ミニトマトや普通に切ったトマトよりは、洒落ているけれど、問題は、時間がかからないこと。何でも一工夫してお客に提供しようとする姿勢は忘れてはいけないことだと思うのです。そのためには日々精進でしょうか。午後から稽古場にこもっていた女将も、今日は二八を三枚も描き終えたと言うから頑張っている。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理. Bookmark the permalink.