嵐の前の静けさか…

今日は朝から雨が降っていたから、pekoの散歩も出来ずに、朝食を食べたら洗面をして、小降りの間に蕎麦屋へ出掛けたのです。時間が早かったので、小鉢の冬瓜のピリ辛椀を盛り付けて、もうひと品を用意しておこうと、ナスと大根とミョウガの梅和えの下準備で、塩で押し漬けをしておく。野菜の水が出て柔らかくなったところで、叩いた梅干しをまぶすのが亭主のやり方なのだけれど、塩味が効き過ぎると味が濃くっていけないから、粗塩の量を加減するのです。

着替えに奥の座敷に行ったついでに、窓からミニ菜園の様子を見てみれば、東側のお隣との境には、野菜ポットに春菊の元気な芽が出て、枝を切り詰めたナスのポットは、枯れてしまうかと思ったけれど、堆肥を混ぜて水遣りを続けたらここに来て沢山の花が咲いてきたのです。南側のミニ菜園はすべて地植えで、こちらは辛味大根とホウレン草や小松菜、小蕪などの新芽が芽吹いて、秋ナスも先日収穫したばかりなのに、もう新しい花が次々と咲き出している。

この間の定休日に、新しく購入した鎌で根こそぎ雑草を取ったから、まだ草はほとんど伸びていなかった。鎌の威力は大したものなのです。白菜やキャベツや大根などの大きなものは出来ないけれど、わざわざ遠い場所に広い畑を借りなくても、これで十分野菜の栽培は楽しめる。自宅の庭には女将の好みで花を植え、蕎麦屋は亭主の好みで野菜を植えるのが、夫婦円満の秘訣なのかも知れない。季節毎に小さな畑から元気をもらうのは、嬉しい事なのです。

今朝の蕎麦打ちは、昨夜までにすべて売り切れたから、やはり二回打つしかなかったけれど、台風も近づいて雨の降る今日は、日曜日とは言っても、どう考えてもいつものようにお客が来るとは思えない。750g と500g を捏ねて玉にして、15人分を用意するのでした。これで夜まで持てば、追い打ちを掛けずに済むから一番いいのだけれど、どれだけお客が来るのかは読めないのです。時間が早かったから、今朝もじっくりと伸して、細い蕎麦を打ち上げるのでした。

包丁切りをした蕎麦が、綺麗に揃って打ち粉を振るうのが何よりの楽しみ。上手く打てた日には、お客に出す蕎麦を茹でるのも嬉しいのです。最近は、そんな日が多いから、毎日の蕎麦打ちが本当に楽しみ。今朝も蕎麦打ち室の湿度が80%を超えていたけれど、39%強の加水で捏ね始めたのですが、打ち粉を使わずに本伸しまで進み、我ながら見事な仕上がり。二回目は、同じ加水率でもちょっと硬いから不思議でしたが、一回目以上に好い仕上がりでした。

女将がいつもより早く蕎麦屋に来て、朝のうちに作ったおからの煮物を持って来てくれました。小鉢の種類が多いのは本当に助かるのです。年寄りもいれば子供もいるから、お客の様子を窺って小鉢をお出しすることもままあるからです。今日もお子様連れのお客にピリ辛椀を出したところ、辛かったのか手を付けないで父親が食べていたから、女将が慌てておからの煮物を持って行ったのです。オープンカウンターの霊犀亭では、お客の様子がよく見えるから好い。

カウンターの隅のホワイトボードには、おつまみにオオマサリと、デザートに大福と蕎麦饅頭と書いておきました。どれも150円だけれど、今日はビールを頼むお客はいなかった。ヘルシーランチセットのお客が二人ほどいたから、大福と野菜サラダ、蕎麦豆腐は捌(は)けたようでした。雨は時折強く降って、止んだかと思えばまた降り出すという具合で、こんな日にお客が来て下さるのも本当に有り難いこと。それでもやはり週末の賑わいではなかったから暇でした。

コミュニティーバスに乗って一人でいらっした年配の女性が、今度はお友だちと来るからと言って帰られたと女将が言う。帰る時もお化粧をしていたかたら、お洒落なお年寄りなのだと感心していた。閉店の間際に車を飛ばしていらした男性は、ヘルシーランチセットの天せいろのご注文。カウンターに座って黙々と食べる姿もまた絵になるかな。ご家族4人連れでご来店のお客もあって、いろいろな種類のメニューは出たけれど、丼物が出ないので炊いたご飯は冷凍。

夜の営業はさすがに台風の影響で、市が防災無線で警報のお知らせを放送していました。風もなく、雨は降ったり止んだりだったから、静かな夕暮れ時なのです。お客は来そうになかったから、明日の蕎麦汁を仕込んで、亭主は黙々と包丁を研ぐ。早めに店を閉めて、家路につけば、夜になるに従って風が強くなってきました。ニュースではJRの在来線が8時以降は運休と言うから、かなり強い台風らしい。備えあれば憂いなしだけれど近ごろは備えに敏感なのか。

This entry was posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 料理, 経営, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.