朝から梅雨空の一日…

今朝もpekoに起こされて5時前の散歩に出掛けました。降りそうだけれど当てにならない天気だから、蕎麦屋の菜園に水遣りをして、大きくなったキュウリを収穫。立派な出来なのですが、コンスタントに採れるわけではないから、農家の直売所でも同じようなキュウリをまとめて買ってあります。漬け物には新鮮ならば少し大きすぎるくらいのものが美味しい。最近では、キュウリの梅じそ和えなどもさっぱりとして美味しいので、使い道は沢山ある食材の一つなのです。

薄曇りの空には、太陽がぼおっと顔を出して、日の出の時刻を過ぎたのが分かる。冬場は、右手の森の辺りから昇っていたのに、随分と北寄りに昇る位置が変わった。季節は確実に夏に近づいているのです。6時前に家に戻っても、まだ女将は起き出して来ないから、先週のかき揚げと親子丼の具材を使って一人で朝飯の準備を済ませる亭主。売れ残りの蕎麦豆腐も廃棄せずに立派な一品になっている。使い残した出汁の残りで味噌汁を作り、静かな朝食です。

今日は女将も締め切りを控えた展覧会の作品を仕上げるのに、スポーツクラブも休んで稽古場にこもるというので、亭主も朝ドラも見ないで蕎麦屋へ出掛けて、明日の仕込みを開始するのでした。お袋様と隣町まで仕入れに行く時刻までに、出汁を取り終えて蕎麦汁や天つゆを作り終える。仕入れから戻った後は、週に一度のふりかけ作りで、延々と時間をかけて使い終えた鰹節を大鍋で炒り続ける。その合間に天麩羅の具材も切り終えて明日の準備を終える…。

お隣の農家のお爺さんが今日はトラクターに乗って畑を耕していました。そば屋の向かいの畑でも、親爺様が朝から野良仕事。この辺りでは、歳を取っても皆が朝から仕事をしているので定休日に蕎麦屋で仕込みをしていても、それがごく自然なことのように感じられるから不思議なのです。昼飯時に家に戻れば、午前中に書き上げた二八の紙を天井から吊したままで、女将の姿が見えない。見るからに力尽きたという出来栄えだから、上手く描けなかったらしい。

餃子を焼いてざるラーメンを茹でてまたもや一人で昼を済ませる亭主。気分転換に買い物に出ていたという女将が戻って、いよいよ二人それぞれの午後の部が始まる。稽古場にこもった女将の邪魔をしないように亭主は床屋に出掛けて、そのまま蕎麦屋でふりかけ作りの続きを始めるのでした。味付けをして更に乾燥させて、後は冷めるのを待つばかり。ひとしきり強く降った雨も収まって帰宅。夕食用に亭主がトマトの飾り切りの練習をしてみせるのでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理. Bookmark the permalink.