定休日二日目は、結局、終日曇り空で…

明け方まで雨が降っていたのか、6時過ぎにpekoの散歩に出たら通りがまだ濡れていました。秋の長雨で、すっかり涼しくなったというのに、今年はまだ朝顔も咲いているので、軒下から垂らした麻紐を外して、来年のために種を採ることも出来ないでいます。蕎麦屋のミニガーデンに植えた辛味大根は本葉が出始めたので、間引きをして土を寄せておきました。もう少し陽が出るようになると、ぐんぐんと成長するはずなのですが。根付くまでは風が吹くのが心配です。

この夏はナスが豊作だったから、秋口に枝を切り詰めて秋茄子に挑戦しました。堆肥を入れて随分と花が付いていると思っていたら、ここに来てどんどん実が膨らんでいるから嬉しい。涼しくなったから、夏場に比べて大きくなるのが遅いのが玉に瑕。こちらも皮が固くならないように、もう少し陽射しが欲しいところです。今朝も朝食の後でいつもの時間に蕎麦屋へ出掛けて、営業前日の仕込みを始める亭主。たっぷりと3時間でいろいろな仕込みを終わらせるのでした。

明日の小鉢の一番手は、ナスとミョウガの出汁ぽん酢和え。真夏のレシピだけれど、ナスもミョウガも沢山あるから、家で食べても好いかと今日のうちに仕込んでおきました。明日が涼しいようならば、冬瓜を下茹でしてあるから、明の朝になってから海老と唐辛子のピリ辛椀を温かいまま出してもいいかと考えているのです。ブロッコリーを茹でて、オオマサリとアスパラガスも茹でておく。これらの作業を皆明日に回すと、とても開店前には仕込みが終わらないのです。

出汁ぽん酢和えのナスは、色が変わらないように多めに油を入れて焼くのがポイントです。量が多いから、生ぽん酢も結構な量を使います。ひと通り火を使う作業が終わったら、鍋や道具を洗って調理場を一度片付ける。仕込みの日は、まさにこの繰り返しで、BGMを聞きながら、次の作業に取りかかる。最近は手際が好くなったから、同時にいろいろなことが出来るようになったけれど、以前は時間ばかりかかって、午前と午後と仕込みをしていたような気がする。

調理台が片付いたら、明日の天麩羅の具材を取り出して、カボチャを切りってレンジに掛けている間に、生椎茸とピーマンを切りわけて、オクラはへたの部分を落としておく。ナスは四つに縦に切ったら、同じ向きに並べて次々と包丁を入れていく。こうした一つ一つの作業の効率化が、短時間で仕込みを済ませるポイントかも知れない。蕎麦豆腐を仕込んだ後の鍋の掃除はお湯でへばりついたぬるぬるを洗うのが大変だから、早めに作って水でふやかしておきます。

すべての洗い物が済んだら、最後にまな板を消毒するのだけれど、これも洗うまでに時間をおかなければならないから、その間に、鍋類を乾燥させたり、洗濯物を畳んでおくのです。時計を見ればちょうど11時半。そろそろ家に戻って昼飯の準備をしないといけない。あとは、夕刻のプールから戻ったら、糠味噌にキュウリとナスを漬けに来れば好い。明日のデザートは蕎麦饅頭を作ろうと思っているから、これは蒸かしたてを客に出したいから、開店の前に仕込む。

先週の店で残ったかき揚げ用の野菜を刻み、カレーチャーハンを作って、同じく店で残ったなめこの味噌汁を温めて、女将と二人で昼飯を食べる。新鮮な食材を使っているから、残り物でも美味しいのです。食後にひと眠りをしたら、プールのバックを持って車に乗り込む亭主。このの時間にやっと雨が降り出してくる。腹の火傷の傷も瘡蓋が剥がれてきたから、そろそろ大丈夫かと思ったのです。久し振りのプールは空いていて、のんびりアップをするには最高でした。

This entry was posted in ミニ菜園, 仕込み, 季節, 未分類, . Bookmark the permalink.