定休日一日目は終日の雨で…

この夏に花を終えた木槿の木を剪定したのは9月になってからだったろうか。ところが、最近また毎日びっしりと花を咲かせているから不思議なのです。しかも、夏場よりも更に花の数が多いような気がするのです。定休日の今朝は4時過ぎに目が覚めて、蕎麦屋へ出掛けて一仕事する亭主。夜明け前の家でぼうっとしているよりは、少しでも先のことを片付けておきたいという思いなのでした。6時前に家に戻って、今度はpekoの散歩に出掛けるという活動ぶりです。

なんと、まだ雨が降り始めないからと、裏庭の無花果やタラの樹の剪定をして、ついでに雑草も刈っておきました。朝も早くから動き回ると、当然お腹も減ってくるから、女将が台所に現れる前に一人で朝食を済ませてしまうのでした。そしていつものように横になって1時間ほど眠るのです。目覚めればちょうどお袋様と仕入れに出掛ける時間なのでした。農産物直売所には、今日は好いキュウリが出ていた。茄子もピーマンもこの時期にしては好いのがあったのです。

隣町のスーパーにも出掛けて、他の食材を大量に仕入れてくる。お袋様を家まで送り届けて、蕎麦屋へ戻れば、冷蔵庫に入りきれないほどの食材を何とか収納する亭主。昼までに床屋へ出掛けて散髪を済ませるのが午前中の予定だったから、月末でお稽古のない女将がスポーツクラブから戻るまでにと車を走らせるのでした。ひと月振りに会う床屋の親爺様は相変わらず元気で、先客のパーマを掛けているらしく、今日は息子さんが亭主の頭を刈ってくれました。

女将の戻る前に家に帰れたので、昨日の残りの野菜サラダをコンソメスープにして、茄子とピーマンに豚肉を加えて、亭主の好きな味付けで味噌辛子炒めを作っておく。冷蔵庫の残り物を小鉢に添えたら、今日の昼ご飯のおかずは出来上がり。タイミングよく女将が帰宅して、二人で昼飯を食べるのでした。午後の一番で女将と近くのホームセンターに出掛けて、懸案だった彼女の稽古場の古くなった襖を、取り外してカーテンに付け替える作業をするのでした。

それからやっと今日の仕込みに蕎麦屋へ出掛け、早朝のうちに昆布と干し椎茸を浸けておいた鍋で出汁を取る。その間に冬瓜の皮を剥いて、塩擦りをしたら下茹で。最近はピーラーで皮を薄く剥いて綠の部分を少し残すようにしている。これにむきえびと唐辛子を加えて出汁で煮ると、味も彩りも好いピリ辛椀が出来るのです。夏場は冷蔵庫で冷やしてお客にお出ししていたけれど、涼しくなったら温めて出すのも好い。出汁の香りと海老の風味がなかなかの一品。

一番出汁を取ったら蕎麦汁を仕込んで、二番出汁で天つゆを作ったら、残りは味噌汁の出汁にするから容器に入れて冷蔵庫で保存する。南瓜の種を取って天麩羅用に切りわける手前まで形を整えたら、洗い物を片付けて洗濯物を干したり、洗ったり。2時間あまりの作業で今日の仕事を終えるのでした。5時過ぎに家に戻れば、女将が夕食の支度をしている。一日中、雨の定休日もよく働いたと、ささやかな夕食の席に着くのでした。明日はプールへ行けるかな?

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, . Bookmark the permalink.