振替代休も三日連続のお蕎麦売り切れで…

蕎麦屋に出掛けようと玄関を出れば、狂い咲きの木槿がこちら側にもびっしりと花を付けて、紫の種類も随分と咲いていた。庭のカッシアも黄色い花を付け始めて、季節はもう秋だというのに。今日は月曜日だけれど、秋分の日の振替休日だから、もしかして店も混むかも知れないと、少し早めに家を出たのです。夕べ追い打ちを掛けた蕎麦が生舟に一箱残っているから、どれだけ打てば好いだろうかと思案のしどころ。今日残ればすべて定休日に食べなければ。

蕎麦屋で珈琲を飲みながら、結局、久し振りに500g 5人半分だけ打ち足して、15食の蕎麦を用意することにする。朝のpekoの散歩の折に、昨夜漬けた糠漬けのキュウリとナスを取り出して小鉢に盛っておいたから、早速、蕎麦打ち室に入って蕎麦を打ち始めるのでした。久々の500g だからか、いつものように丁寧に生地を伸したつもりでも、畳んで切り始めた断面を見ると、随分と厚さにムラがあるのでした。包丁切りは上手く出来たから、余り目立たずに済んだ。

途中で雨がひとしきり強く降って、これは好くない兆しかと思ったけれど、昼になるに従って陽も差して明るくなって、昼過ぎからは続々とお客がご来店なのでした。顔を見知ったお客がいなかったから、ご新規さんが多かったのでしょう。天せいろは人気だったけれど、せいろ蕎麦やぶっかけ蕎麦も多かったので、様子見というお客なのでしょうか。テーブル席はずっと満席だったので、後からいらっした母娘はカウンターに座って美味しそうに蕎麦湯を啜っていたのです。

「蕎麦湯はいかがですか」と尋ねれば、「濃厚でとても美味しいです。蕎麦も細めで汁に好く絡んで美味しかった」と、聞けばお蕎麦好きの親子で隣町からわざわざいらっしたそうな。三人四人と連れだってご来店のお客もいて、あっという間に二箱の生舟の蕎麦が残り少なくなっていく。1時過ぎになって、やっと常連さんの学校の女先生と女将の友だちが久し振りに顔を出す。ゆっくりと午後のひとときを過ごして、そろそろ閉店かと思って見送ったら、また、お客さん…。

四人連れのご家族で、「まだ好いですか」と言うものだから、「どうぞ」と店の中に入ってもらった。実は、最後の蕎麦がちょうど四人分だけ生船に残っていたのです。「お蕎麦売り切れ」の看板を出して、2時を過ぎたら暖簾だけしまわせてもらう。四人とも天せいろのご注文だったけれど、天麩羅の具材が切れてきたので、生椎茸の足りない分はキスを揚げてお出しする。冷蔵庫に残っている小鉢も全員にサービスでお出しして、本当に今日はすべての食材が完売。

途中から洗う暇もなかった盆や皿を、女将と二人で洗っては片付けの繰り返し。2時半になったら、女将はスポーツクラブがあるからと、洗濯物だけ洗濯機に入れたら先に帰っていく。端切れの蕎麦を集めて、亭主はやっと遅い昼飯を食べる。一休みをしてから洗い物の続き。明日は業者のゴミ回収の日だから、固めた油をビニル袋に入れたり、ゴミ箱の生ゴミを外のゴミ箱に捨てたり。やっと家路についたのは、もう4時を過ぎた頃なのでした。連日の盛況に感謝。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.