秋分の日は…

昨日の疲れで8時間睡眠だった亭主が、6時になったからとpekoの散歩に出掛けたら、珍しく女将が目を覚まさない。きっと彼女も相当に疲れているのだろうと、冷蔵庫の残り物を温めて一人で朝食を食べていたら、「目覚ましが鳴らなかったから寝過ごした」と7時過ぎに食堂に現れる。新調したスマホの目覚ましの設定の仕方が解らないからと、亭主に操作を頼みに来るのでした。今朝も同じ時刻に家を出て、蕎麦を打ち始める亭主。今日は暑くなると言うけれど。

確かに蕎麦打ち室の気温は22度、湿度は60%。加水率は39%弱で蕎麦を打ち始めたけれど、しっとりと硬くもなく柔らかくもなく好い感じなのでした。今日も切りべら30本で130gと、ご機嫌の細さで生舟一箱の蕎麦を仕上げる。夕べ追い打ちした蕎麦と合わせて、17食分を用意して今日の営業に臨む。昼間の間に売り切れれば、また夕刻に追い打ちをする覚悟なのでした。今日はお彼岸の中日だから去年のデータでは相当に混んだという記録があったのです。

昨日の晩に随分と今日の仕込みをしたつもりでしたが、蕎麦打ちを終えてもやることは多かったのです。ブロッコリーを茹でたり、昨日も随分と出た天麩羅の具材を切りわけたり、開店の時間まで休む暇もなく厨房で作業をする亭主。女将が早い時間にやってきて、いろいろと手伝ってくれるのがとても有り難い。調理師学校を出たばかりの頃は、もっと動けたような気もするのですが、野菜サラダの具材にしても随分と増えているから、やはり、蕎麦屋は進化している。

この間、ヘルシーランチセットの注文に野菜サラダが足りなくなって、急いで予備の野菜を盛り付けた反省から、混むと予想される今日はあらかじめ五皿のサラダを用意しました。その日のお客の注文によって出る品は違うから、残ればすべて自宅で消化しなければならないのだけれど、慌てるよりも転ばぬ先の杖。小さな蕎麦屋の人知れぬ苦労は、こんなところにもあるのでした。お客の出足の遅い日曜日だから、昼過ぎまでは、「つゆ訪ふものもなし」なのでした。

ところが、昼を過ぎると休む間もなく次々とお客が入るから解らないもの。三人、四人と連れだっていらっしゃるお客もあって、どうやらお彼岸でお墓参りの帰りらしいのです。最後には、五人連れで墓参りの帰りだと言うお客が入って、今日もお蕎麦は売り切れになったのでした。ご新規のお客さんが多かったけれど、最後のお客は、先日、閉店後に無理矢理店に入ったお婆様のご一行様。1時半を過ぎていたけれど、今日は営業時間内だったので助かりました。

天せいろ四つにぶっかけ蕎麦一つのご注文でしたが、天麩羅は一度に二人分しか揚げられない。熱々の天麩羅と茹でたての蕎麦を提供するには、これが一番いいと過去の経験から決めているのです。蕎麦は三人分までは一度に茹でるけれど、天麩羅があるとこれが難しい。幸いに、ぶっかけのかき揚げを揚げるのには少々時間がかかるから、最初の二人分をお出ししたら、次の二人分の天麩羅を揚げて、すぐにかき揚げを揚げ始めて、蕎麦を茹でるという早技。

天麩羅を盛り付ける時間と、蕎麦を洗って氷で締める時間との兼ね合いなのです。全身汗だくになってすべての料理をお出しして、やっとお客との会話に対応する亭主。お彼岸の墓参りの話やら、最近のお墓事情の話やらで、最近では盆や彼岸でも、子や孫が集まらないという話をすれば、年老いたお婆様やご主人が頷いてくれる。昔、自分が親に言っていた時代が変わったという言葉を、今度は自分が言われる番なのだろうか。和やかな午後のひとときなのです。

今日は昼の営業中に洗い物をする暇もなかったから、後の始末が大変。女将がスポーツクラブに出掛ける時間があるからと早く帰ってしまった後は、亭主が一人で後片付けをしなければならない。集中が途切れて一休みすれば、昼のお客が忘れ物をしたと取りに来る。蕎麦の追い打ちもあるからと、家に戻る暇もなく、明日の仕込みもあるので再び気合いを入れて厨房に戻るのでした。幸いにも夜はお客がなかったので、早めに暖簾をしまって帰宅するのでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.