めまぐるしい天気の一日…

昨夜の雨も明け方には雨が上がって、5時前にpekoの散歩に出掛けました。「墨田の花火」が梅雨時の艶やかさで、ぼおっと薄明かりの中で輝いているのでした。子ども会のタンボール回収に協力した後は、朝飯には残り最後の蕎麦を美味しく食べて、また一眠りする亭主。定休日だから油断をしたら、2時間ほど寝込んでしまったらしい。梅雨休みのダイビングに使う撮影機材の整備が今日の予定だったけれど、女将をお稽古に送る時間までに日昼の支度をする。

小雨の降る中を小一時間のドライブを終えて、何軒かのスーパーに立ち寄ったけれど、シイタケは好いものがなかったから、また明日の仕入れに期待。長ネギも随分と高くなっている。やはり、農家の持ち寄る売店が一番新鮮な野菜を置いてあるけれど、少し割高。ナスとキュウリとインゲンを買い求めて、隣町のスーパーでカボチャや大根、人参を買って帰る。カボチャは、天麩羅の具材用に同じくらいの大きさにカットするのだけれど、残った部分は煮物と家庭用。

食材は残すところなく使うのが小さな蕎麦屋の流儀で、根菜類は5日間の営業日ですべて使う。漬け物する新鮮なナスも一本50円からはするから、あまり馬鹿にならないのです。大量に仕入れるスーパーなら3割り程度は安いのだけれど、当たり外れがあるので、古いものを漬けると、ナスもすぐに色が悪くなってしまうのです。キュウリも新鮮な方が美味しい。食材にこだわると切りは無いけれど、足らない分は蕎麦屋のミニ菜園で取れるもので代用するのです。

最長でも、わずか5日間分の野菜なので、わざわざ遠くの市場に買いに行くほどの量は使わないから、近場で済ませて時間を有効にに使う方がいいと思っている。出来る範囲の努力で、お客には美味しいものを提供したい。例えば、天麩羅の具材に使う具材だけでも海老を入れて原価で150円以上かかる計算だから、980円で出す天せいろは、胡麻油代や天ぷら粉、天つゆ・大根おろしや生姜代、光熱費を含めると、やはり、ぎりぎりの値段なのではないか。

手間賃とか技術料という発想があまりないのが霊犀亭だけれど、これは、ちょっと間違うと労力ばかり使って一向に利益が上がらないということになる。しかしながら、調理の腕もまだまだ未熟なのだから、取りあえずはお客さんがちゃんと通ってくれるようになるまでは、今のスタンスで頑張ろうと思っているのです。それでどのくらい赤字が解消できるのかが開店2年目の挑戦なのです。そう、何度も繰り返し自分に言い聞かせ、仕事を丁寧に定休日もまた蕎麦屋へ。

日中降っていた雨も午後には上がって、とうとう太陽まで顔を出し、今度はやたらと蒸し暑い陽気。梅雨の時季とは言え、このめまぐるしさでは体調の管理が難しい。身体が疲れやすいのは湿気のせいだろうと、今日は素直に思えるのでした。女将を迎えに言った帰りに、寄った団地の中の中規模スーパーでは、やたらと加工食品が多いのに驚きました。「米酢を買おうと思っても、混じり物の酢ばかりで売ってないのよ」と言っていた彼女の言葉がやっと分かった。

現代人が女性を含めて、如何に忙しい生活を送っているのかが垣間見られる。自分の若い時代には、専業主婦の女将が前の晩に煮干しを水に浸して翌朝の味噌汁の出汁を取っていた。今では、隠居した亭主が前の晩に昆布と干し椎茸を水に浸して、翌日の出汁を取っている。近所なら車で移動するより歩いて出掛けることの方が多い。まさにスローフードスローライフ…。時代のスピードから取り残されたというよりは、失ったものを取り戻そうとでもしているのです。

今夜も風呂から上がってまた蕎麦屋へ出掛ける亭主。昼に試作して冷蔵庫に入れてあった瓢箪型に流した水羊羹の出来が気になっていたのでした。そして勿論、明日、仕込む蕎麦汁の出汁を作るために、今夜のうちに昆布と干し椎茸を5㍑の鍋に水を張って浸けておくのでした。十六夜の月が東の空に昇り始めていました。夜風は涼し気だけれど、ちょっと動くと汗ばむほどの湿気なのです。展覧会の締め切りの迫った女将は夜まで添削された作品を眺めていた。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 未分類. Bookmark the permalink.