雲間から陽の差す午後…

夜のうちに雨が降ったらしく、道路がまだ濡れていました。やっと目覚めたpekoと一緒に蕎麦屋まで出掛け、朝飯前の一仕事。みずき通りの紅葉を始めた花ミズキの木には赤い実が付いていました。今朝も朝食を終えて朝ドラの終わる時間まで一眠り。今朝はコーヒーのサービスがないので、早めに蕎麦屋へ出掛けて自分でコーヒーを入れる。幟を出して、昨日の片付けをしたら、開店前にやることは沢山あるので、何から始めようかと仕込みの段取りを考える。

9時過ぎから蕎麦打ち室に入って、やっと今日の蕎麦を打つのです。室温は22℃と昨日よりも一度高いだけ。湿度は80%だから、今朝の加水率は昨日と同じ39%で捏ね始めるのでした。生地を回転させながら丁寧に伸しの作業を繰り返し、畳みに入り、包丁切りをすれば、今日も切りべら30本ほどでやっと130gになる細さ。駒板をうまく送り損ねてしまうと、包丁が駒板から離れてしまうと、ストンと空を切ってしまうことがあるから要注意です。集中力を保たなければ。

昨日打った蕎麦と合わせて生舟二箱に17食の蕎麦を用意して、今日の昼の営業に臨む。混んだ場合は、夕刻の営業までにまた追い打ちを掛けるつもりでいるのです。最近、気づいたことなのですが、沢山蕎麦を用意して、だらだらと閉店時刻ぎりぎりまでお客を入れていると、夜の営業が始まれない。今日も、開店の時刻からお客が途切れなかったから、休憩も出来ずに洗い物も出来なかったのです。蕎麦がなくなれば「売り切れ」で定刻には閉店できるのです。

今日の小鉢は、冬瓜のピリ辛椀と昨日仕込んだキュウリの梅和え。この間のように、昼から酒を頼むお客様もいるから、オオマサリを茹でておつまみとして用意するのでした。冬瓜は下茹での時に、あまり柔らかくならないように茹でておくと、味つけをして再度火を入れるから、ちょうど好い歯ごたえになる。蕎麦豆腐も少し多めに仕込んでおいて、野菜サラダとの兼ね合いで出せるようにしておく。デザートも水羊羹があったけれど、抹茶小豆を四つだけ仕込んでおく。

ヘルシーランチセットが出始めると、野菜サラダと蕎麦豆腐とデザートのどれか一つが足らなくても、一人前が用意できないから、お客様の注文に応えられないのです。そんな準備をせっせとした日に限って、ランチセットは一つも出なかったから皮肉なものです。離れた街からの常連さんがお友だちを連れていらっした以外は、今日はご新規のお客が多かったように思います。思ったよりも混んだから、やはり蕎麦は夕刻に追い打ちを掛けなければと気が急くのでした。

暖簾をしまったら、女将が片付け物をしている間に、亭主は遅い昼飯にぶっかけ蕎麦を茹でて食べておく。家に戻って一休み。庭の木槿がまだ狂い咲きで、午後の青空に映えていました。一時間ほど休憩したら、また蕎麦屋へ出掛けて蕎麦を打つ。こんな日に限って、夜もお客が入るから、嬉しいような疲れたようなで、今日も一日が終わるのでした。女将に電話をして、売れ残った食材を持ち帰ってもらう。夜は、ブログを書く途中で、10時前には床に入ったのでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.