終日の冷たい雨に…

いつにない寒さで目を覚ました朝でした。窓の外は雨、pekoもそれを知ってか今朝は散歩を催促しないのでした。朝食を終えたら早めに蕎麦屋へ出掛ける亭主。このところ寒い朝には、とっくに季節が終わったはずの朝顔や木槿の花がやけに沢山咲いているのです。厨房で珈琲を飲みながら、昨日の洗い物を片付けて、今日の段取りを確認する。蕎麦豆腐を仕込んだら、キュウリの梅和えを作るために塩で押し漬けにしておく。そして初めて今朝の蕎麦打ちです。

丸出しの生地の厚味も均等に、綺麗な正円が作れれば、滅多なことでは打ち損じがない。今朝の蕎麦打ち室は気温21℃とかなり涼しかったけれど、湿度が80%もある雨の日だから、加水は少なめの39%。四つ出しと畳み以外には打ち粉をまったく使わないで済んだのでした。軽く転がしているように見える伸し棒も、実は全身の体重を掛けているから、蕎麦を捏ねる時よりも汗をかく。それでも今日はめっきりと涼しいから、長袖シャツの上にエプロンを掛けていた。

時間を掛けて伸した生地は、30cmの駒板よりも更に10cmも長く畳めたから、生地はかなり薄く仕上がっている。切りべら29本ではまだ110g台の分量しかないから驚きなのでした。3回ほど切り足して、やっと130g。ちょっと細すぎるかと思えるほどなのですが、茹でれば少し太くなるからと、今朝はまずまずの仕上がり。生地が均一な厚味で綺麗に畳めているから、包丁切りも、左端の最後まで同じ調子で切れるようになったのが、このところの進歩と言えるだろうか。

蕎麦打ちが終われば、今朝ほど押し漬けしていたキュウリの水を絞って、梅干しを細かく叩いて再び漬けもの器で押し漬けしておく。下茹でしておいた冬瓜は、出汁と薄口の醤油で煮込んでむきえびと輪切りにした京唐辛子を散らす。十分に沸騰したところで水溶き片栗粉でとろみをつけるのです。今日は昨日までに比べたら寒いくらいの気温だから、温かいピリ辛椀でお客に出せないかと、開店間際に器に盛ってカウンターに並べるのでした。外は相変わらずの雨。

時折雨脚が強くなって、風まで出て来たから、これではお客が来ないかと思っていたら、昼を過ぎて駐車場に車が入ってくる。カウンターに座った男性客のご注文は、天せいろの付いたヘルシーランチセットを「蕎麦を大盛りに出来ますか」と言うものだから、「全部食べると結構な量がありますよ」と亭主があらかじめ説明をしておく。話好きの男性らしく、蕎麦の話や百坪もあるという家庭菜園で作っている野菜の話など、身振り手振りを交えて止めどなく話すのでした。

毎日のように広い畑で身体を動かしているから、食も進むのだろうかと感心して聞いていると、やっと話も終わって機嫌好くお帰りの様子。他にお客のいない店内が急に静かになった。壁の時計が1時を過ぎて、亭主は奥の座敷で一休み。雨はいっこうに止む気配はない。開けた窓からバタンと車のドアを閉める音が聞こえたので厨房に戻れば、昨日来たばかりの常連さんの母娘がまた今日もご来店なのでした。今日は買い物の帰りなのだとか。有り難いこと。

他にお客も来そうにないので、天せいろのご注文のお母様には、冷めてしまった冬瓜のピリ辛椀を、鍋で温めてサービスでお出しすれば、綺麗に汁まで飲んでくださった。天せいろ付きのヘルシーランチセットと天せいろが二人のいつものご注文だから、スタッフも顔を見るなりもう野菜サラダや蕎麦豆腐を出す準備をしている。その間に亭主が盆と蕎麦皿、蕎麦猪口をセットして天麩羅を揚げ始めるのです。天麩羅と蕎麦が美味しいとわざわざ遠くからいらっしゃる。

今週は三日も通ってくださったから、よほどお蕎麦が好きなのでしょう。いろいろな話をされて閉店の時間近くまでゆっくりと寛いだら、雨の中をお帰りになった。早めに洗い物と片付けを終えて、スタッフと共に店を出る亭主。今日は夕刻から女将がスポーツクラブだから、亭主は家の食材を買い出しに出掛け、久し振りに家でおでんを作ってやったのです。実は、先日、蕎麦を茹でる大釜のお湯を腹部にこぼしてを火傷をしたから、まだプールには通えないのでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.